ANAの陸マイラーの私があえてユナイテッド航空のマイレージプラスを貯め続ける理由とは

ユナイテッド航空
陸マイラーの私のメインカードは、陸マイラーの中で人気の「SPGカード」ではなく、マイレージプラスセゾンカードをずっと使い続けています。

なぜ私が、ホテルに無料で宿泊できたり、ポイントで宿泊できたり、色々な航空会社のマイルに交換できたりする「SPGカード」を使わないのかについては、長くなるので過去記事をご覧ください。

本日は、何故私がANAのマイルだけでなくユナイテッド航空のマイレージを貯めているのかをご紹介します。

なぜANAではなくユナイテッド航空のマイルを貯めるのか


私は陸マイラー活動でANAマイルを貯めて、クレジットカード決済でユナイテッド航空のマイルをひたすら貯め続けています。

ユナイテッド航空はANAと同じくスターアライアンスという航空連合に所属しているため、マイルの相互利用が可能です。そのため、ユナイテッド航空のマイルを使ってANAの特典航空券を発券することが可能なのです。

また、私は2017年にSFC修行を行い、SFC会員でもあるのでスターアライアンスに所属している航空会社のラウンジが利用できるというメリットもあります。

国内線はANAよりもユナイテッド航空のマイルの方が使い勝手が良い

マイルの相互利用ができるだけではなく、実はユナイテッド航空のマイルを使ってANAの国内線の特典航空券を発券するとローシーズンを除き以下のようにユナイテッド航空のマイルで特典航空券を発券した方が必要マイルが少なく済みます。

前提条件
800マイル未満(羽田⇒札幌)、801マイル以上(羽田⇒沖縄)
航空会社シーズン800マイル未満801マイル以上
ANAL5,000マイル7,000マイル
R6,000マイル9,000マイル
H7,500マイル10,500マイル
ユナイテッド航空シーズン不問5,000マイル8,000マイル

ちなみにANAがユナイテッド航空のマイルよりもお得なローシーズンは以下のとおり限られています。

ローシーズン

  • 2018年:1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21
  • 2019年:1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20
  • 2020年:1/6~2/29

Momo-rock

ユナイテッド航空のマイルは国内線利用に限っては最強だと思います。
注意
ただし、搭乗日まで20日以内の場合は別途手数料がかかるのでご注意ください

ユナイテッド航空は頻繁にバイマイルキャンペーンを開催する


これはANAにはないキャンペーンで、現金でマイルを購入するとボーナスマイルが貰えるキャンペーンを結構な頻度で開催しています。

現在12月20日午後2時59分までバイマイルで最大85%のボーナスマイル付与キャンペーンを開催しています。

今回のキャンペーン内容

  • 6,000〜15,000マイル:30%ボーナスマイルル
  • 16,000〜24,000マイル:50%ボーナスマイル
  • 25,000〜81,000マイル:85%ボーナスマイル

最大の85%マイルが獲得できる25,000マイルを購入した場合のマイル単価は以下のようになります。

マイル単価計算

  • 必要金額:約104,000円D
  • 獲得マイル:46,000マイル(25,000マイル+21,000マイル)

今回のキャンペーンで25,000マイルを購入した場合のマイル単価は約2.26円になります。
先ほどの国内線の必要マイルから計算すると片道あたり以下の金額になります。

国内線特典航空券で換算

  • 沖縄以外:片道約11,300円
  • 沖縄:片道約18,080円

いかがでしょうか?この金額であれば普通に航空券を購入するよりも安い感じがしませんか?

注意
ANAがタイムセールをしていた場合はそちらの方が安いかもしれません

バイマイルは国内線だけではなく国際線でも利用可能


ユナイテッド航空はマイルを購入することが可能なので、家族で海外旅行に行くときにちょっとマイルが足りない!となってもその時にマイルを購入することで特典航空券を発券することが可能です。

ただし、キャンペーン中でないとレートが1マイル=4円とかになるので、キャンペーン中に購入されることをお勧めします。

Momo-rock

ユナイテッド航空のマイルは18ヶ月以内に増減があれば有効期限が伸びるのでお得なキャンペーンの時に購入しておくことも可能です。

まとめ

ユナイテッド航空のマイルは必ずしても最適解とは言い切れませんが、日本人にとって比較的利用しやすいマイレージプログラムだと思います。

陸マイラー活動がいつできなくなるか分からないので、私はこれからもリスクヘッジのために陸マイラー活動でANAマイル、クレジットカードでユナイテッド航空のマイルを貯め続けようと思います。

以上「ANAの陸マイラーの私があえてユナイテッド航空のマイレージプラスを貯め続ける理由とは」でした。

陸マイラーのメソッドはこちらの過去記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です