赤ちゃん連れの国内旅行で空港には何時間前に行くべきか?実際に行って感じたことをご紹介

先日、赤ちゃんを連れて沖縄旅行に行ってきました。

現地滞在などについても結構調べたりしましたが、妻には言っていませんが空港に何時間前に行くのかをかなり気にしていました。

夫婦二人なら何かあっても最悪走ればなんとかなる事もありますが、赤ちゃん連れだとそううまくはいかないことが多いです。むしろイレギュラーなことが発生することも多々あるので、普段よりも時間に余裕を持った行動が必要になります。

お金さえあれば万が一搭乗できなくても何とかなりますが、その旅行中は非常に気まずい思いをする事になります。同じような悩みをお持ちの方に私が今回気にしていた点と実体験をご紹介したいと思います。

赤ちゃん連れの国内旅行で空港には何時間前に行くべきか


国内線は国際線と異なり、出国審査が無いためプラチナ会員・ダイアモンド会員SFC会員やプレミアムクラスに搭乗される方は飛行機の出発時刻の30分前に空港についても間に合ったりします。

SFC修行をしている時の出張などは結構このパターンが多かったです。

保安検査所通過締め切り

注意
2018年12月1日から国内線の保安検査所の通過締切りが出発時刻20分前になっていますのでご注意ください
補足
羽田空港以外は保安検査所の通過締切りは出発時刻の15分前で変わらずです。

では具体的に羽田空港での状況について解説します。

羽田空港への交通アクセス

東京モノレールもしくは京急は羽田空港国内線ターミナルの地下1階にバスやタクシーは地上1階に到着します。

私が普段搭乗しているANAは第2旅客ターミナルに発着します。JALの方は反対側の第1旅客ターミナルに発着するのでお間違えの無いようお気をつけください。

もし間違えても地下で繋がっていますので、焦らず移動してください。大体5分もあれば移動可能です。

羽田空港MAP

空港についてから2階のチャックインカウンターまで慣れた方だと10分程度で着けると思いますが、初めての方や今回の私達のような赤ちゃん・お子様連れの方は20分位余裕を見た方がが良いと思います。

特に座席を必要としない赤ちゃん連れの方はskipで自動発券が出来ないため窓口での発券が必要になるので十分に注意してください。

注意
座席を必要としない赤ちゃん連れの方はskipで自動発券が出来ないため窓口での発券が必要

赤ちゃん連れの旅行は出発約1時間20分前を目標に

国内旅行で必ず守るべき時間は保安検査所を出発時刻の20分前までに通過することです。そこから逆算して考えれば良いのですが、赤ちゃん連れの場合は少し勝手が異なります。

先日の沖縄旅行のご紹介記事で触れましたが赤ちゃんが飛行機内でぐずるのを予防するためにも搭乗までに一度授乳(もしくはミルク)をあげておくことが望ましいです。

そのため、授乳時間の約30分と空港内の移動時間20分を加え、何らかのイレギュラー対応の30分を合計すると約1時間20分あればよほどのことがない限り搭乗に間に合わない!ということはないと思います。

赤ちゃん連れが空港内で必要な時間

  • 授乳・オムツ交換:30分
  • 空港内移動時間:20分
  • イレギュラー対応時間:30分

ただし、上記は通常の空港着→搭乗に必要な時間なので、機内での飲み物や食べ物を購入される場合は後30分早く来た方が良いと思います。

POINT
国内線は機内への液体物の持ち込み可能なので、保安検査所の前に購入しても問題ありません。

今回私達が空港に着いた時間は3時間前

スターウォーズANAキッズラウンジ
おすすめは1時間半と言いつつも、私たち家族が空港に着いたのは何と3時間前です(笑)

というのも私はSFC会員なので、今回のような通常席のチケットでも航空会社のラウンジを利用することが可能です。
しかも、羽田空港の国内線ANA LOUNGE内にスターウォーズANAキッズラウンジがあるため、早く着いてしまっても搭乗時間までゆっくりとラウンジで子供と遊ぶことが可能なのです。

今回はこのラウンジを利用することを目的にちょっと早く空港に行く事にしたのです。

『STAR WARS™プロジェクト』で発表している、お子様にも大人気の特別塗装機『R2-D2™ ANA JET 』、『BB-8™ ANA JET』、『C-3PO™ ANA JET』をモチーフにデザインされました。ラウンジ内には、滑り台、ベンチソファ、絵本をご用意し、床にはフロアマットを使用することで小さなお子様にも安全で安心な環境で自由に遊んでいただくことができます。また、『スター・ウォーズ ANAキッズラウンジ』ご利用のお子様には、ラウンジの受付にてオリジナルのシールをプレゼントします。

なお、このスターウォーズANAキッズラウンジは本館南のANA Lounge内にあるためご注意ください。

授乳についてはこのANA lounge内にきれいな授乳室があるので、そこでゆっくりと授乳とオムツ交換をすることができました。

赤ちゃん連れはダイアモンド会員よりも優先搭乗できる

今回赤ちゃんを連れての旅行だったのですが、SFC会員どころかダイアモンド会員よりも優先される場面がありました。

【対象者】
・車いすのご利用、2歳以下の小さなお子様をお連れのお客様など、お手伝いが必要なお客様

搭乗案内開始前にあらかじめ改札を承ります。機内準備が整い次第、一番はじめに機内にご案内いたします。
※ご希望のお客様はお早めに搭乗口係員にお知らせください。
※運航状況などにより実施できない場合はご了承ください。

ステータスに関係なく家族全員同時に搭乗することができるため、2歳以下のお子様がいらっしゃる方は積極的に利用してみてください。
一番近い頭上の荷物入れに間違いなく入れられて、ゆっくりと準備することができます。

まとめ


今回は3時間前に空港についたので、ANA Loungeで家族でゆっくりできました。
最終的に今回の3時間の内訳は以下のような感じでした。

今回の空港内での所要時間

  • 授乳・オムツ交換:20分
  • 空港内移動:20分
  • 食事:30分
  • ラウンジ利用:80分

これに加えて先ほどの優先搭乗のための待機時間を加えるとほぼ3時間という結果となりました。
食事をするしない、ラウンジでの滞在時間によっては2時間前位でも割とゆっくりできたかもしれません。

以上「赤ちゃん連れの国内旅行で空港には何時間前に行くべきか?実際に行って感じたことをご紹介」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です