荷物がかさばる旅行時の洋服を簡単に洗濯する方法はコレだ

この記事は長期旅行や長期出張を何度も経験した中で、自然と身についた洗濯の極意をご紹介します。

旅行時の洗濯に洗濯用洗剤は不要

旅行時の洗濯と言われて、皆さんは何を持って行こうと思いますか?個別パックになっている洗濯用洗剤でしょうか?それとも100円ショップで売っているような容器に洗濯用洗剤を入れて持っていきますか?

私の経験上どちらも必要ありません。
個別パックになっている洗濯用洗剤は旅行先で洗濯するには量が多すぎます。多すぎる洗剤で洗うとすすぐのに時間がかかってしまいます。旅行時は普段よりもつかれがちなので、そんな余計なことをして疲れると本末転倒ですよね。
また、100円ショップで売っているような容器に洗濯用洗剤を入れた場合量はちょうど良いと思いますが、カバンの中でこぼれたりしたら大変ですよね。

旅行時の洗濯用洗剤はボディソープで十分

洗濯用洗剤の代わりになるのはボディーソープです。洗濯をするのにボディソープがあれば旅行中にさっと洗う程度であれば全く問題ありません。
それもそのはず、洋服の汚れは主に「汗・皮脂汚れ」なので、どちらもボディーソープで十分洗う事が可能です。

point
旅行時の洗濯用洗剤はボディーソープで代用可能

旅行時の洗濯方法

簡単な洗い方は、100円ショップで売っている洗濯ネットを活用します。

まず、洗濯物をネットに入れます。その後、浴槽やシャワーのある所の床に置いてから濡らして、ボディソープを少しかけてください。

あとは、簡単。ひたすら踏むだけです。
手で揉むよりも踏む方が泡が繊維の中まで浸透し汚れが落ちやすくなります。
たったこれだけで、十分汚れが落ちますので、一度ご自宅で試してみてください。洗濯後の脱水は体を拭いたあとのバスタオルで挟んで、これも踏むだけです。(笑)

point
洗うのも脱水も踏むだけで大丈夫

洗った後の洗濯物を干す場所

自宅であれば浴室内にある浴室乾燥機で乾燥させられますが、ホテルの浴室はお世辞にも換気が良いとは言えません。むしろ悪いことのほうが多いと思います。

そのため干し場所は必然的に、室内になります。室内は空調の関係で乾燥しがちなので、洗濯物を干すことで適度な湿度にすることができます。
ちなみに私のおすすめの干す場所はクローゼットです。ただし、扉を全開にしないと生乾きになるので注意が必要です。
こういった折りたたみ式のハンガーがあればかさばらず便利ですよね

持ち帰る際には洗濯ネットに入れて持ち帰る

最終日に、持ち帰る際にも洗濯ネットを活用します。帰ってから洗濯機に入れる洗濯物を全て洗濯ネットに入れてキャリーバックにしまってしまいましょう。
そうすることで、帰った後洗濯物を分別する必要なく、そのまま洗濯機に入れて洗濯することができます。

まとめ

私の旅行時のモットーは「シンプルに楽ちんに」なので、極力物を持って行きたくありませんし、余計なことで疲れたくもありません。

  • 洗剤はボディーソープで十分
  • 洗濯・脱水はひたすら踏む
  • 洗濯ネットに入れて持ち帰る
この3つを行うことで、洋服の数を3割位は減らせると思いますので、是非試してみてください。
以上「荷物がかさばる旅行時の洋服を簡単に洗濯する方法はコレだ」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です