simフリースマホの海外利用で注意すべきこと

手持ちのスマホやSimフリースマホで格安simを利用することで通信費をかなり安くすることができるのは皆さんもご存知かと思います。

通常のキャリア(docomo等)のスマホ異なりsimフリーのスマホは海外に旅行に行った際にも現地のキャリアのプリペイドsimを利用するとWi-Fiルータや現地のFree Wi-Fiを利用しなくても自分のスマホで通信をすることができます。

そもそもsimフリースマホって?

docomoやsoftbank、KDDIで携帯電話を購入した時に、各キャリアのsimしか使用できなくされています。これをsimロックと言います。

simフリースマホは最近ですとHUAWEIやASUS等が有名かと思います。また各キャリアのスマホであっても、一定の条件を満たすとsimフリー化することができます。

今回はこれを使用して海外で使用する時の注意点をご紹介したいと思います。

simフリーなのに通信できない!?

さて、通常は渡航先の空港で現地のsimを販売している自動販売機で購入しsimを差し込んで、プロファイルの設定をすることで通信ができるようになります。

しかし一定の条件を満たさない場合「通信ができない!!」という事態になることがあります。これには各キャリアに割り当てられている周波数が違うことが原因です。

実は各キャリアのスマホですが、キャリアによって対応している通信規格や周波数が違う事があります。そのため、simフリーにして各国の現地simに入れ替えても通信できないということが発生します。

自分のスマホが海外キャリアに対応しているか事前に調べる方法

せっかく海外で安くスマホを利用するためにキャリアのスマホをsimフリーにしても現地で使えなかったら意味がありません。

そういった時のために、海外に行く前に自分の持っているスマホが、旅行先の国のどのキャリアのsimなら対応しているかを調べる方法があります。

「ETOREN」というサイトで自分の持っているスマホを選んで対応している周波数をチェックしてください。自分のスマホの製品番号は、iphoneだと設定→一般→法律に基づく情報→認証をみれば書いてあります。

例えば、日本が誇るソニーのXperiaZ5をアメリカに持って行きverizonのsimを使用した場合はVerizonの2G〜4G(LTE)の周波数にXperiaZ5のチップが4Gしか対応していないようです。ということは4G(LTE)以外は対応していないので、都市部であれば何とかなると思いますが4Gの電波が入らないと何もできなくなります・・・

日本はほとんどのところで4G通信(LTE)ができますが、海外は道を一本ずれるだけで3Gや2Gになるので注意が必要です。

なお、全世界で販売することを前提にしているSimフリー端末については元々対応している周波数が幅広いので、こういった心配はあまりありません。キャリアのスマホをSimフリーにした場合にはご注意ください。

まとめ

機種によっては、海外で使いにくい端末もあり国内の格安sim専用になってしまう場合もありますが、国内キャリアのスマホはSAMSUNGやソニーなどグローバルに展開している会社のスマホでも非対応だったりしますので、ご注意ください。

ちなみに、AppleのsimフリーiPhoneはほぼ全ての周波数に対応しているためまず使えないということはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です