本場仙台の牛タン専門店で舌鼓(旨味太助)

仕事柄あまり出張が無い私ですが、たまに出張があります。ただ、私の会社はあまり飛行機が使えるところに支社がなく、昨年は運良く飛行機に良く乗れましたが基本的に国内は新幹線を中心に移動することになります。

今日は、日帰りで行ってきた仙台で有名な牛タン専門店をご紹介します。

仙台牛タン焼きの歴史

仙台名物といえば牛タンですよね!今回は国分町にある、仙台牛タン発祥のお店と言われる、旨味太助さんに行って来ました。

調べてみると牛タンの歴史はそこまで古くなく、昭和23年に「味太助」の創業者(故)佐野啓四郎さんが牛タン焼専門店を開いたのが最初のようです。

元祖・仙台牛タン焼き専門店 旨味 太助

先ほどご紹介した「太助」の後継者によって「太助」は2店舗に分けれております。

一つはご長男が切り盛りされているお店(味太助)でもう一つが今回伺った啓四郎さんのお嬢さんの婿養子の方が切り盛りされているお店です。

ちなみに東京のと虎ノ門にも同じ名前のお店がありますが、無関係のようです。

仙台の国分町のお店の外観はこのような感じです。

店内はこのような感じで老舗の風格がありますね。昭和時代にタイムスリップしたようなこういう雰囲気のお店は何か落ち着けて大好きです。

焼き台の写真を撮り忘れてしまったのですが、焼き台の横にうず高く牛タンが積まれておりました。

先代の「牛タンの旨さを最大限に活かすのは塩である」という言葉を継いで、絶妙な塩加減で熟成されている牛タンがまずいわけがありませんよね!

メニューは牛タン定食(牛タン、麦飯、テールスープ、お漬物)をシンプルにいただきました。ランチなので残念ながらアルコールはなしです。

定食の牛タンは4枚、6枚、8枚と三種類から選びます。私は6枚を選択しました。

6枚でも結構なボリュームがありランチとしては、充分過ぎる量でした。

肝心のお味は、お肉にしっかり塩で味付けされており、かつ焼き加減もちょうどいい焼き加減で、噛んだ時の肉汁がじゅわっと広がりとても美味しかったです。

まとめ

仙台はSFC修行には向いていないようですが、仙台は牛タンだけでなく、日本酒や海の幸も新鮮で美味しい街なので、SFC修行が終わった後の旅行などで、是非観光に行ってみてはいかがでしょうか?

私は次回仙台に行くことがあれば「味太助」に行ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です