陸マイラーがマイレージプラスセゾンカードを利用するメリット・デメリット

陸マイラーの中で今もっとも人気のあるクレジットカードは「SPGカード」ですが、私は今後ポイントサイト経由のマイルをためる事が困難になった時に備えてずっとメインカードは「セゾンマイレージプラスカード」を5年程使い続けています。

SPGカードがお得なことはわかっているのですが、私は以下の理由から「セゾンマイレージプラス」を使い続けています。

  • 年会費が高い(3万円以上)
  • 宿泊費が高くつく
  • マイルを貯めるのに器用貧乏

本記事は私が5年ほど「マイレージプラスセゾンカード」を使い続ける理由をご紹介したものです。

マイレージプラスセゾンカードとは

マイレージプラスセゾンカードはセゾンカードが発行している、ユナイテッド航空のマイルを貯めることに特化したクレジットカードです。
ポイントの機能をユナイテッド航空のマイルを貯めることに特化しているため、クレジットカードの中で最高水準の1.5%の還元率を誇ります。

マイレージプラスセゾンカードのメリット

この「マイレージプラスセゾンカード」の5つのメリットをご紹介します。

1,000円で15マイル貯められる1.5%還元率

通常の利用だとマイル還元率は0.5%の普通のクレジットカードですが、マイルアップメンバーズ(年会費5,000円)に加入することでマイルの還元率が1.5%になります。

コスモ石油でガソリンを入れると何と還元率が2.0%となります。

ただし、マイルアップメンバーズに加入することで年会費は合計6,500円(税抜)となりますので、一定金額以上を利用しないと元が取れません。

では一体どの位の金額を利用すれば元が取れるのでしょうか?

前提条件
1マイル=2円程度の価値があるためそれをベースに計算します。
年間利用金額マイルアップメンバーズ未加入マイルアップメンバーズ加入済損益
10万円500マイル1,500マイル-3,000円
20万円1,000マイル3,000マイル-1,000円
30万円1,500マイル4,500マイル+1,000円
40万円2,000マイル6,000マイル+3,000円
50万円2,500マイル7,500マイル+5,000円
100万円5,000マイル15,000マイル+15,000円
150万円7,500マイル22,500マイル+25,000円
200万円10,000マイル30,000マイル+35,000円
300万円15,000マイル45,000マイル+55,000円
400万円20,000マイル50,000マイル+55,000円

実は年間30万円以上利用すると元が取れてしまいます。(実際は年間25万円以上)

注意
通常カードのマイルアップメンバーズのボーナスマイルは300万円分(30,000マイル)が条件です。ゴールドカードの場合は500万円(50,000マイル)までとなります。

Momo-rock

年間300万円以上利用される方はゴールドカードを発行すべきです。

国内線の特典航空券が片道5,000マイルから利用可能

ユナイテッド航空はスターアライアンスのメンバーです。そのため、国内線はANA運航便の特典航空券を発券可能です。

特典航空券の発行に必要なマイルですが、ANAよりも何故かお得です

前提条件
800マイル未満(羽田⇒札幌)、801マイル以上(羽田⇒沖縄)
航空会社シーズン800マイル未満801マイル以上
ANAL5,000マイル7,000マイル
R6,000マイル9,000マイル
H7,500マイル10,500マイル
ユナイテッド航空シーズン不問5,000マイル8,000マイル

ちなみにANAがユナイテッド航空のマイルよりもお得なローシーズンは以下のとおり限られています。

  • 2018年:1/8~2/28、4/1~4/26、12/1~12/21
  • 2019年:1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20
  • 2020年:1/6~2/29

Momo-rock

私が今年沖縄に行った時にANAマイルを使ったのはローシーズンだったからです
今年沖縄に旅行した際の旅行記はこちらで紹介しています。
妊婦でも食べられる沖縄旅行で美味しかったもの7選
沖縄旅行の移動手段はレンタカーがベスト!当然ポイントサイト経由で
宿泊して分かったホテル日航アリビラとANAインターコンチネンタル万座ビーチの良い点悪い点

ANA運航便搭乗でもマイルが貯まる

ユナイテッド航空はスターアライアンスのメンバーのため、ANA運航便に搭乗した際にユナイテッド航空の会員番号を登録することでマイルを貯めることができます。

ユナイテッド航空のマイルは有効期限が実質無期限

ANAのマイルと異なりユナイテッド航空のマイレージ制度は18ヶ月以内にメイルの増減があった場合は有効期限が延長されます。そのため以下の行動があった場合、有効期限が延長されます。

  • マイレージプラスセゾンカード利用によるマイル付与
  • スターアライアンス運航便搭乗時の搭乗マイル付与
  • マイレージプラスモール経由での買い物
捕捉
マイレージプラスモール経由での買い物は2〜3ヶ月後にマイルが付与されますが、その前に有効期限が切れても付与時に復活します。

AMEXなら更新時に500マイルプレゼント

国際ブランドはVISA、JCB、AMEXの3種類が選択可能なのです。この3ブランドに年会費等の差はありませんが、VISAとJCBにはないメリットがAMEXにはあります。

AMEXブランドを選択して更新するとサンクスマイルとして500マイルが獲得できます。

Momo-rock

500マイル=約33,333円利用分はお得ですね。

マイレージプラスセゾンカードのデメリット

と言った具合にメリットが多くあるマイレージプラスセゾンカードですが、残念ながらデメリットがあります。

マイル以外貯めたい方には不向き

マイレージプラスセゾンカードで貯まるのはマイルだけです。そのため残念ながら利用先が特典航空券に限られます。

ユナイテッド航空のマイルしか貯まらない

「SPGカード」や「スカイトラベラーカード」はためたポイントを複数の航空会社のマイルに交換することができますが、この「マイレージプラスセゾンカード」はユナイテッド航空のマイルしか貯めることができません。

そのため、ユナイテッド航空のマイレージプラグラムが改悪された場合は影響を受けてしまいます。

家族カードがない

通常カードには家族カードがありません。ゴールドカードであれば家族カードの発行が可能ですが、年会費が20,000円を超えてしまいます。

ただ、先程メリットで述べましたが有効期限がないためそれぞれで貯めて、特典航空券を発行すれば良いことに5年も使ってきてつい先日気が付きました(涙)

また、ANAと違ってマイルが足りない場合マイルを購入する「buyマイル」ということも可能なので、使い勝手はANAマイルよりも良いかもしれません。

陸マイラーにとってのマイレージプラスセゾンカード

個人的には色々納得しながら5年も利用してきているので、デメリットよりもメリットの方を強調してしまっているような気がしますが、私が本格的にマイレージプラスセゾンカードを使ってよかったと感じたのは、SFC会員になってからです。

SFC会員はスターアライアンスのゴールドメンバーのためユナイテッド航空のマイルで発行した特典航空券で搭乗した場合もゴールドメンバーの特典を受けることが可能です。

これが私がSPGカードではなくマイレージプラスセゾンカードの方が陸マイラー向きであると考える理由です。

こちらの過去記事で詳しく比較しています。

SPGカードではなくマイレージプラスセゾンゴールドカードにこだわり続ける理由

Momo-rock

この記事ではゴールドカードと比較していますが、通常カードでも同様です。

陸マイラーに最適なクレジットカードということは、今年のソラチカルート終了に続きLINEルート等が終了したときにも効力を発揮するクレジットカードであるといえると思います。

LINEルートが終了した後について考察した記事はこちらです。

SFC会員×マイレージプラスセゾンカードはLINEルート終了後に備えた最適解かもしれない

以上「陸マイラーがマイレージプラスセゾンカードを利用するメリット・デメリット」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です