高ポイント還元可能な不動産投資案件「GA technologies」でトラブル多発

f:id:momo-rock:20180105011705j:plain

陸マイラーの皆様、SFC修行を開始された皆様ポイントサイトの案件に申し込む際に何を重要視されますか?

基本的には手間が少なく高額ポイントが貰えるものを中心に案件をこなしていくと思います。そうすると必然的にFX・クレジットカード発行がメインとなり2年目にこなす案件が減ってきてしまいます。

今日はそんな案件が枯渇しつつある陸マイラーをターゲットにした残念な案件をご紹介するとともに私みたいにひっかかる方が一人でも減り、こんな案件を紹介するポイントサイトがなくなっていくことを祈りたいと思います。

陸マイラーが陥りがちな高額ポイント案件枯渇

先程もご紹介しましたが、簡単に高額ポイントが獲得できる案件はFXとクレジットカード発行(利用)に偏っています。

世の中にFX運営会社やクレジットカードは数多くありますが、ポイントサイトに登録されている案件はその中の一部に過ぎません。

私の体感ですが5,000円以上のポイントが獲得できるFXサイトは10前後、クレジットカード発行は30前後程度だと思います。

つまり、FXとクレジットカード早い方だと1年程度、遅くても2年程度で案件がほぼなくなってくる可能性があります。

高額ポイント案件事態の減少

なぜ、そういったことに陥ってしまうのでしょうか?私の考えは以下のとおりです。

  • FX
    レバレッジ規制が入ったことおよび仮想通貨の人気によってプレイヤーが減少したため
  • クレジットカード発行
    これはだいぶ前になりますが、総量規制がかかったことで一部のキャッシング利用者から利益を取る事業モデルが崩壊し、リボ払いもあまり件数が伸びていないため

面談案件が重要!

簡単な案件は遅くても2年位で枯渇してくるとご紹介しましたが、枯渇した後どうすれば良いのでしょうか?

それは、面談案件を申し込むと良いと思います。面談案件は保険・不動産の2大ジャンルがあります。

保険案件は平均1万円程度、不動産は1万円程度〜3万円程度と高額なのが特徴です。ただし、面談なので実際にあって話をする必要があるので、最低でも3時間程度は拘束されることになります。

でも、3時間拘束されて1万円ももらえるのであれば良くないですか?そういう思いで私も保険案件を中心にこなしてきました。

保険と不動産が高ポイント案件に何故なるのか考察

これは非常に答えが簡単です。保険も不動産も1案件あたりの利益率が高く、広告費が潤沢にあるからです。

例えば不動産ですが、一般的に1部屋あたり10%〜20%程度が不動産会社の利益になっています。

ということは、4,000万円の部屋だと400万円〜800万円が不動産会社の利益です。この利益の中の数万円って微々たるものだと思いませんか?

GA tecnologiesという案件でのトラブル

前置きが長くて申し訳ございません。ようやく本題に入ります。このGA tecnologiesという案件私も過去記事で紹介しましたが、9月に突然現れ25,000円以上のポイント還元があるかと思いきや一時期50,000円を超える案件にまで成長し、陸マイラーブログでこぞって紹介された案件でした。

今では、ご紹介したことを後悔する思いでいっぱいです。私のブログで案件を知り申し込まれた方本当に申し訳ございません。

トラブル1(面談の電話が来ない)

案件に申込んだ後、資料は2日位で届きましたが待てど暮らせど先方からの連絡がありませんでした。結局連絡があったのは2週間以上経ってからのことでした。この時点でかなり怪しいなと思い始めました。

トラブル2(会議室が無い)

やっと訪問日程が決まり、時間通りに訪問したら会議室がないのでカフェで話をさせて欲しいとのことでした。会議室は見たところ空いているようでしたが・・・

不動産投資となるとこちらの身分も明かす必要がありますし、年収や家族構成など個人情報も明かす必要があります。それにも関わらず一般の方がいるカフェで話をしようなんて信じられません。この時点でポイントがもらえるもらえない以前に会社として駄目な会社だと思いました。

トラブル3(説明される内容が不十分)

実は、アポを取るための電話でかなり長い時間個人情報を聞かれました。理由を聞くと面談の際に私に最適な案件を紹介するためということなので、しっかりと答えました。しかし、実際に説明を受けてみるとまったく私のニーズにあわないばかりか、不動産投資を行う際に必要な公租公課(税金)の話やデメリットもなく、何故GA tecnologiesの商品が良いのかということに終始していました。

話し方は非常に柔らかくて好感が持てたのですが、本気で投資をしようとされている方に取っては物足りない感じがすると思います。

トラブル4(約束が守れない)

面談が終わり次回のアポを1週間後に取りました。その後仕事の都合で日程の変更を依頼した後、日程の調整をお願いし先方から電話をするということだったので待っていました。先方から平日の日中に電話がありましたが、電話に出ることができませんでした。留守電が入っており「また電話します」となっていたのでこちらから電話すること無く待っていましたが、現在もかかってきていません。少なくともビジネスに対する姿勢として約束したことは守るべきだと思います。

邪推かもしれませんが、この時このGA technoogiesの案件が50,000円にも迫ろうかというポイント還元になっていたので、社員で処理ができなかったんだろうなと思います。

トラブル5(ポイント否認)

先方からの電話をずっと待っていましたが、12月中旬突然否認されたのです・・・全く理由が分からずポイントサイトに調査依頼をしている状況です。

このGA technologiesの案件のポイント付与条件は以下のとおりです。

  1. 申込後60日以内に面談ができない方
    これは30日後位に面談したのでクリアです
  2. 世帯年収500万円以下の方
    投資用マンションの収入も含めると500万円は超えているのでクリアです
  3. 上場企業かそれに準ずる企業に勤務されていない方
    1部上場企業の子会社(非上場)ですが、経常利益は数百億あるのでこれもクリアしていると思います
  4. 勤続3年未満の方
    勤続10年なのでクリアです
  5. ご本人様の確認ができない方
    名刺交換をしているのでクリアです
  6. 過去に資料請求をした方
    初めてなのでクリアです
  7. 不動産投資に興味がない
    1件目の投資マンションの収益を赤字にするために中古投資マンションを探しているのでクリアです
  8. ポイント目的であると判断された場合や虚偽等がある場合
    これってどうやって先方は証明するのでしょうか?虚偽はないですし、ポイントとか話にも出ていないのでクリアでしょう

GA technologiesの案件を振り返って

今回GA technologiesの案件でかなり詳細な個人情報に加えて私の会社の所属先・携帯電話番号・メールアドレスなども取得されています。ポイントサイトの調査はまだ進んていませんが、個人情報を集めるための撒き餌だったのではないかと今は考えています。

何れにせよ何らかの進展があったら再度ご紹介したいと思います。

まとめ

正直今回の事を記事にするのはどうかとも思いましたが、最近不動産投資案件がポイントサイトで増えてきているようなので、私と同じようなひっかかり方をしないための注意喚起の意味を込めてご紹介させていただきました。

この記事が参考になれば幸いです。以上「高ポイント還元可能な不動産投資案件「GA technologies」でトラブル多発」でした。

2 Comments

りんりん

初めまして。私は、ECナビ経由でRenosyの面談を経ました。名刺交換や上場企業勤務、年収等、すべての条件を満たしていたにもかかわらず非承認とされ、憤りを感じています。高い報酬をエサに、個人情報のうちかなり重要な情報(住所、生年月日、家族構成、勤務先等)を一方的に奪われたような状況です。ブログ主様が利用されたポイントサイトでの否認理由の回答はいかがだったでしょうか。泣き寝入りはしたくないので、ともに闘うべく、何卒お力をお貸しください。

返信する
momo-rock

私はPONEYから申し込みましたが、ただ広告主から
非承認されたというコメントがあっただけです。
先方の担当者も伝えて調査中です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です