PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンを利用してみて分かったPayPayの使い勝手とは


普段はクレジットカードとApplePayを中心に利用している私ですが、今回のPayPayの100億円あげちゃうキャンペーンはさすがにお得すぎるので、早速利用してみました。

実際に使ってみたところ、クレジットカードや非接触決済と比較するとまだまだ使い勝手の悪いところが感じられましたが、そう遠くない未来にはPayPayのようなQRコード決済・バーコード決済が普及していそうな気がしました。

本日は、実際にPayPayを使ってみた感想をご紹介します。

PayPayサービスの内容

paypay
PayPayはQRコードもしくはバーコードを利用して決済をするサービスです。ニュースでも取り上げられたので多くの方がPayPayの存在を認識したと思いますが、実は同様のサービスは以前から存在していました。

QRコード・バーコード決済サービス

  • PayPay
  • 楽天Pay
  • Line Pay
  • pring
  • Origami
  • paymo(先日サービス終了を発表)

まだまだたくさんあるようですが、それなりに知名度が高いものをあげてみました。

PayPayの支払い方法は3種類ある

これは結構誤解を招きそうですが、PayPayの支払いは次の3つの方法があり、それぞれ上から順番に残高を見て全額決済できる方法が自動で選択されます。

PayPayの支払い方法

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー残高
  • 登録されたメインクレジットカード(VISA or Master)

PayPayの残高は銀行口座もしくはクレジットカードからチャージすることはできますが、PayPayにお金をホールドされ使い勝手が悪くなるので、基本的には残高を0円にして自動で登録されたクレジットカードで支払う設定にすると良いと思います。

ただし、PayPayにクレジットカードでチャージした時にポイントがつくクレジットカードをお持ちの方はチャージして支払うとポイントの二重取りが可能なので積極的に利用すると良いです。

なぜPayPayだけ取り上げられたのか

お隣の中国ではクレジットカードや非接触決済よりもデビットカードやアリペイといったQRコード・バーコード決済が主に利用されており、日本以上にキャッシュレスが進んでいます。

一方日本はIDやQuicpay・suicaといった非接触決済が主流で地位を築いてきていたため、QRコード・バーコード決済は普及してきませんでした。

今回PayPayは広告費を最小限に抑え、その分私達ユーザーに還元するということを選択しました。結果は皆さんもご存知の通り、お祭り騒ぎが起きニュースでも取り上げられる状況になったという訳です。

PayPayの今後の課題

今回のキャンペーンで今後PayPayのようなQRコード・バーコード決済が普及するためには以下の条件をクリアしていく必要があると思います。

クリアすべき課題

  • ネットワーク問題
  • キャンペーン終了後の対策

一つは、サービス開始初日はユーザーが殺到したためかPayPayのシステム障害があり決済できないという事故が発生していました。また本日はSoftBankのネットワーク障害を受けてこれまた決済できないという事故が発生しました。

決済システムにおいて一番大事なのは、ポイント還元でも使い勝手でもありません。安定して決済ができることです。

PayPayには是非この点について改善を行い、公式発表をしていただきたいです。

二つ目は、今回の20%還元が終わった後の普及対策です。キャンペーン後は0.5%の還元に戻ると思いますが、何となく損した気分になります・・・

クレジットカードチャージと合わせたポイントの二重取り・三重取りが可能な仕組みを残して欲しいなと思います。

PayPayの使い勝手


さて、知名度が急上昇した理由はお分りいただけたかと思いますが、実際に使ってみた感じをご紹介します。

PayPayの決済方法は2種類あります。

PayPayの支払い方法

  • QRコード決済
  • バーコード決済

QRコード決済

私が利用した店舗では、ビックカメラとソフマップがこの方式を取っていました。

お店のQRコードをスマホで読み取り、金額を入力して支払いを行うという方式です。まだリリースしたばかりなのか決済番号をお店の方が控えるというところまでで一連の決済となるのでかなり時間がかかります。

しかし設備投資費用がほぼかからないので、小さな店舗等ではこちらの方式が普及しそうな気がします。

バーコード決済

ファミリーマートではバーコード決済が利用できました。

こちらはバーコードを提示するだけで店のレジの機械で読み込んで決済が終わるので、IDやSuicaと支払いスピードはあまり変わらないので非常に便利でした。

まとめ

PayPayの仕組み自体私達ユーザーもお店も慣れていないためか若干決済に時間がかかる場面があったのは事実ですが、クレジットカードを持つことができない人でもポイント還元を受けることができる仕組みは素晴らしいと思います。

ちょうど政府が消費税率アップに向けてクレジットカード利用時の還元をという議論をしているのですが、個人的には不公平感なくするためにはこちらの普及にお金を使った方が良いような気がします。

また、中国のアリペイといった他国のQRコード・バーコード決済の規格を統一して、東京オリンピックもしくは大阪万博に合わせてキャッシュレス大国を目指してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です