simフリー端末じゃなくても格安simが使える

 スマートフォンの月額費用って高い

私は、一昨年の8月ごろKDDIの携帯電話からMNPを使用して、mineoにキャリアを変更しました。

今までは、決算期である3月やappleが新機種を発表する直前の8月とかに、docomo→auやau→softbankなどのMNPをして、機種代金そのものを安く買うことに必死でした。

ただし、どうしてもそのやり方で安く済ませようとすると新機種ではなく型落ちの製品を購入せざるを得なくなります。

2年も前になりますが、私が今使用しているiphone6を購入した後、MNPするまでにどれくらい支払ったかを算出してみます。

  1. 本体代金   約40,000円
  2. 契約手数料等 約6,000円(MNP手数料含む)
  3. 月々支払い  約6,000円×24ヶ月=144,000円

→合計約190,000円

これは非常に高いですね。家族がいる方はこの2倍以上の支払いをするとなるとなかなか厳しいものがあります。

mineoに変更をして大分経ったので、使い勝手等を紹介したいと思います。

そもそも格安SIMって?

最近でこそ知名度が上がってきている、格安simですがどんなものかご存知でしょうか?

 メリット

  • とにかく安い(月額500円〜利用可能です)
  • インターネットでほぼ完結する
  • 料金形態が分かりやすい

 デメリット

  • 機種によってはプロファイルを自分で設定する必要がある
  • メジャーアップデート時に動作しないことがある
  • ほとんどがdocomo回線のみ(auは少量です)
  • 場合によっては若干の知識もしくはGoogleで検索することが必要
  • 店舗がないもしくは少ない
  • 平日の12時〜13時の速度が遅い

格安simは各キャリアから回線を借りてかつ人件費と設備投資を削ることで格安な金額を実現しています。そのため若干不便な部分があり自分でやることが各キャリアよりも多いことがわかります。

例えると各キャリアがANAやJALで、格安simはLCCだと思います。

KDDIからmineoへのMNP

KDDIのiphone6を使用していましたがちょうど2年契約の更新月になり、MNPを検討していたのですが、残念ながら安い機種がなく困っておりました。
私の持っているiphone6は残念ながらsimフリー化ができない機種となっており、仮に格安simを選ぶとしても、選択肢がKDDI回線を使用しているためmineoとUQmobileしかありませんでした。(docomoの方は選択肢が多くうらやましいです・・・)

また、当時はUQ mobileではiphone6の動作保証がされておらず、選択肢がmineoしかありませんでした。

mineoの特徴

通信料が安くなっても使えない、使いにくいだと意味がないので公式HPを調べました。

    • 通信できるのはLTE回線のみで3G回線は使用不可
    • iphoneではテザリングできない
    • 電話かけ放題サービスがない(2017/3/1よりサービス開始)
    • 4GB以上のプランがない(現在はあります)
    • 3GBで約1,600円〜(実際には1GBからあるのでもっと安くもできます)
    • フリータンクという制度がある

      一番気になったのはLTE回線のみというところです。ただ私は都内に住んでおり、仕事で出張するのは地方の大都市圏のみ。国内旅行はあまり行かず、基本的には海外に旅行に行き、Wi-Fiをレンタルして運用するので、全く問題がないと判断しました。

      また特徴的なサービスですが、フリータンクというユーザー同士が余った容量を譲り合うことができます。アプリのダウンロード等で容量を使い切っても、このサービスのおかげで月1GBまでは追加できます

MNPをする方法

    • 契約しているキャリアに電話をしてMNP予約番号を取得する。
    • mineoの申込みを行う
      →申込は上記公式HPから。公式HPの右上に申込みボタンがありますので、それをクリックしてください
    • 申込みに必要なものは以下のとおりです。
      ・MNP予約番号(先ほどauに電話して取得した番号です)
      ・クレジットカード(デビットカードは不可です)
      ・免許証等の写真データ
    • エントリーコード(あれば)これだけあれば画面の指示に従っていけば申込みが可能です。

simカードの設定を行う

書類の中に「mineoご利用ガイド」というのがあります。これを見れば大抵の方は設定が完了すると思います。どうしても難しい方は電話で問い合わせも可能です。

mineoはsimをセットしてsim切替を実行するまでは既存の回線契約が解約とならないため、本当に直前まで電話で質問をすることができます。

LTEとメールの設定を行う

設定をしないとただのWi-FI専用機になってしまうので、設定を行います。
これも届いた「mineoご利用ガイド」を見ていただければ画面付きで説明されているので、問題なくできると思います。

まとめ

実際に使用してきて、困ったことは一切ありませんでした。

初期の設定ですが「mineoご利用ガイド」が非常に出来が良く、これを読めばまず間違いなく設定できると思います。

また料金ですが、月1,600円と、以前のKDDIの月額の20%程度の料金ですんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です