nanacoを使って各種税金5万円以上支払う方法

税金の支払いを口座振替やコンビニで現金払いされていませんか?もしされていたら、それは残念ながら損をしています。

ちなみに税金の支払い方は以下の4つに分類できます。

  • 口座振替
  • コンビニ払い(現金)
  • コンビニ払い(nanaco※セブンイレブン)
  • クレジットカード払い(一部税金のみ)

セブンイレブン限定ですが、クレジットカードでチャージしたnanacoを使うことで、税金を支払いながらポイント還元を受ける事ができます。
nanacoカードはチャージの限度額が5万円ですが、ある方法を利用すると1枚につき10万円まで支払うことが可能です。

本日は、どうすれば限度額を超えて10万円まで支払うことができるかご紹介します。

nanacoのクレジットカードチャージの制限

セブンイレブンで現金と同様に利用可能なnanacoには回数と金額の制限があります。

クレジットカードチャージができる金額

  • チャージ限度額:50,000円
  • 1回のチャージあたり5,000円以上30,000円以下(1,000円単位)

クレジットカードチャージの利用制限

  • 1ヶ月20万円
  • 1ヶ月15回まで
  • 1日3回まで

nanacoで10万円までの税金を1回で支払う準備

さて、本日の本題ですがクレジットカードチャージを利用して限度額5万円のnanacoで10万円の支払いをする方法をご紹介します。

用意するものは以下の2つです。

  • クレジットカード
  • 残高・センター預かり分が0円のnanaco

nanacoにクレジットカードで5万円チャージ(1日目)

nanacoのクレジットカードの制限により1日目に3万円⇒2万円と2回に分けて5万円のチャージを行います。この時点ではセンター預かり分となっていてまだ利用できません。

  • センター預かり分:50,000円
  • カード内残高:0円

セブンイレブンで残高確認

先程チャージした5万円をセブンイレブンのセブン銀行ATMで残高確認を行います。これによりセンター預かり分がカード内残高に移行されます。

  • センター預かり分:0円
  • カード内残高:50,000円

nanacoにクレジットカードで5万円チャージ(2日目)

実はまだ後1回(30,000円)チャージ可能ですが、計算が面倒なので今回は2日目に5万円チャージする方法をご紹介します。
1日目と同様3万円⇒2万円とチャージを行います。

  • センター預かり分:50,000円
  • カード内残高:50,000円

セブンイレブンで10万円支払う方法

準備が終わったのでいよいよ支払を行います。

注意
定員さんによっては分からない人もいるので、混んでいない時間にやりましょう
税金の納付書を店員さんに渡してnanacoで支払うことを伝えましょう。

Momo-rock

nanacoで、まず5万円分支払います
この「まず」と伝えるのが重要です。

すると残高が以下のように変化します。

  • センター預かり分:50,000円
  • カード内残高:0円
  • 支払済:50,000円

Momo-rock

nanacoの残高確認をお願いします
すると残高が以下のように変化します。
  • センター預かり分:0円
  • カード内残高:50,000円
  • 支払済:50,000円
カード内残高に50,000円反映されたので、さらに支払うことで合計10万円の支払うことができました。

まとめ

今回固定資産税の納付を行うにあたり今年から支払金額があがったため今までの5万円で支払うことができなくなったため、今回の方法で支払ってみました。
税金に限らず様々な支払いに応用可能なので是非試してください。

税金は収める必要がありますが少しでもお得に納付したいですよね?今回の記事がご参考になれば幸いです。

以上「nanacoを使って各種税金5万円以上支払う方法」でした。

POINT
nanacoが2枚あればもっと簡単に納付可能ですが、1枚のクレジットカードに紐付けられるnanacoは1枚なため、支払い用のクレジットカードを2枚用意する必要がありますのでご注意ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です