格安simがあまり普及しない理由が分かった

f:id:momo-rock:20171217001029j:plain

とある日、昼休みに会社近くの食堂で昼食を取っている時他の人がしている会話を聞いてあれほどお得な格安simを使わない理由が分かりました。

そんな会話の内容と格安simはそんな難しいものではないということをご紹介したいと思います。

聞こえてきた会話の中身

これは聞こえてきた会話をほぼそのまま書いております。

A:格安simってお得なのかな?

B:格安simスマホのこと?

A:そうそう

B:値段は安いみたいだけど、どんな機種があるのかな?

A:良くわからないんだよね

B:調べるの面倒だしね

A:そうだよなぁ、そんな暇ないし

B:スマホなんて使えりゃなんでもいいよね

これを聞いていて突っ込みたくて仕方がなかったです・・・

格安simって?

格安simとは、ドコモ・ソフトバンク・KDDIの回線を借りているMVNOのキャリアが発行するsimカードのことです。スマートフォンとは違います。

どんな機種があるの?

独自で販売している機種もありますが、今使っているスマートフォンをそのまま使うこともできます。

その場合、キャリアに電話してsimフリー化するか使っているキャリアが対応しているMVNOを選ぶ必要があります。

良くわからないんだよね・・・

確かに、あまりCMは流れていないですし雑誌の広告も出していないことが多いです。あと、色々情報が先行していて設定が面倒だとか電波が悪いだとかネガティブ要素が多いのも気になりますよね。

その結果、安いのはいいけどよく分からないという理解になるのでしょうか?

でも、スマホは使えれば良くない?

この二人は私の言いたい結論を言っていました。スマホは使えればいいんです。テザリングをして会社のPCで仕事をするということであれば、キャリアのスマホがベストだと思いますが、個人の利用するスマホであれば格安simのキャリアでまったく問題ありません。

速度が遅いという声もありますが、平日の昼休み位であとは普通に使用できます。

情報が多すぎることが弊害になることがある

今回思ったのは、世の中情報が沢山ありすぎます。新聞・CM・雑誌・インターネット・友人の話など、私たちは情報の波に飲まれています。

その中であることを調べそれが正しいのか整理し、実行するのは中々骨の折れる作業ですよね?

今回話をしていた2名の方もそのようです。実際仕事をしながら調べて実行するのは趣味でも無い限り難しいと思います。

ちょっと調べて実行すれば、お得な事が世の中にはたくさんあるのではないかと気付かされた瞬間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です