マネーパートナーズの空港外貨受取サービスだと外貨両替手数料が98%も節約可能

海外旅行に行く際に必ずしなければいけない事の1つとして旅行先の通貨への両替があると思います。

さて、皆さんどこで両替されていますか?両替する方法は以下6つ位あります。
空港の窓口で両替されているかたすごく損をしていますよ!本日は外貨両替手数料が最大98%も節約できる方法をご紹介します。

  • 国内の金券ショップ等で両替する
  • 日本の空港で両替する
  • 渡航先の空港で両替をする
  • 宿泊先のホテルで両替をする
  • 渡航先の街中で両替する
  • FXサイトで両替をして空港で受け取る

実は外貨両替はFX(外貨為替取引)を利用するのが最もお得です。本日はそんなお得な外貨両替の方法をご紹介します。

マネーパートナーズの空港外貨受取サービスなら両替手数料が98%もお得に!

私がいつも両替をする時に利用しているのは、マネーパートナーズというFX会社です。実際に海外で現金を使う機会はあまりなくクレジットカードがあれば事足りることもありますが、チップの支払いやちょっとしたものを購入する時などクレジットカードが使えないこともありますので、多少は持っていった方が良いですよね?

ただ、外貨両替はかなり手数料を取られるので少しでも節約したいものです。

マネーパートナーズとは?

マネーパートナーズとは数あるFX会社の一つです。このマネーパートナーズは他のFX会社にない「空港外貨受取サービス」という独自サービスがあり、これを利用することで格安で渡航先の通貨へと両替(コンバージョン)が可能となります。

マネーパートナーズで両替する3つのメリット

私がいつも海外旅行に行く際にマネーパートナーズで両替(コンバージョン)している理由は3つあります。

  • 外貨両替手数料が最大98%もお得
  • 自分の好きな時に両替可能
  • 国内主要4空港で受取可能

2018年2月21日のように円高が進んでいる時に両替してしまえば、仮に円安に動いたとしても影響を受けません。

マネーパートナーズで両替することのデメリット

そんなお得なマネーパートナーズの空港外貨受取サービスですが、良いことばかりではありません。どれも慣れと注意すれば問題ないと思いますが、最初は引っかかりやすいのでご注意ください。

両替対応通貨は6通貨のみ

6通貨(米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフラン・韓国ウォン・中国元)しか対応していませんが、十分お得ですね。できれば豪ドル、香港ドルに対応してくれればなおよしと言ったところなのですが、どうでしょうか?

申請スケジュールが決まっており融通がきかない

外貨受取サービスの申請締め切りは毎週月曜日の16:00、受取可能日は締め日の同週の金曜日からとなるため、もし月曜日の16時以降に申請をした場合翌週の金曜日以降にしか受け取れないので注意が必要です。

f:id:momo-rock:20180222011235p:plain

両替手順がやや複雑

入金⇒コンバージョン⇒移動⇒空港選択⇒受取という手順を踏む必要があり、コンバージョンのところが使いにくいです。一応マニュアルはありますが、一番良いのはコールセンターに電話して聞くのが一番早いです。私もはじめのころは電話して聞いていました(笑)かなり親切に教えてくださったのでありがたいです。

受取時間に制限がありLCCだと使いにくい

羽田・関空・中部の3つの空港はAM6時〜深夜11時まで受け取れますので、通常は問題ないですが、成田空港はAM9時〜PM6時までしか受け取れません。
そのため早朝便や深夜便の多いLCCでは使えないということもあります。

月あたりの受取回数に制限があり

月に1通貨しか交換できません。旅行であればそこまで影響はないと思います。しかし出張で1月にアメリカ・フランスといった出張をされる場合はどちらか片方しか両替することができません。

 実際にマネーパートナーズの空港外貨受取サービスを利用して思ったこと

私は、フランス・ドイツ・スペイン・イタリアといったユーロ圏とニューヨーク・ハワイといったアメリカに行く際に実際にこのサービスを利用しました。

確かに両替するのは面倒なのですが、お得に交換するための手間だと思いコールセンターを頼りつつ両替しました。

実際にどの位お得になるのか

ニューヨークに言った時は円高で1ドル90円位の時だったので、円安になった時の事を考え現金を多め(1,000ドル分)に両替しました。その時の手数料はわずか700円と私の手間だけです。

他の両替方法と比較すると

両替は他にも銀行や金券ショップでもすることができますが、どちらも手数料が高く、マネーパートナーズの足元にも及びません。

  • 銀行:1,000ドル×3円(手数料)=3,000円
  • 金券ショップ:1,000ドル×2.5円(手数料)=2,500円
  • マネーパートナーズ:1,000ドル×0.2円(手数料)+500円=700円

最低でも1,800円くらいお得に両替できます。物価の高いニューヨークでも一人分の昼食代位は変わるので、手間がかかってもマネーパートナーズの空港外貨受取サービスを活用したほうが良いです。

取引量が多く手数料が少ない米ドルでこの手数料なので、ポンドや元といった手数料が高い通貨だともっとお得になります。

まとめ

主要な旅行先のほとんどはクレジットカードの利用ができると思いますので、現金はあまり持ち歩く必要はないかもしれません。また高額の現金を持ちながら歩くのは防犯上の理由からおすすめできません。

ただホテルでのチップやタクシー・電車等現金が必要になる場面も多くありますし、国によってはクレジットカード手数料を使用者が負担する国もありますので、一定金額を現金を用意する必要はあると思います。

少しでも両替の手数料を節約するために空港外貨受取サービスを活用してください。以上「マネーパートナーズの空港外貨受取サービスだと外貨両替手数料が98%も節約可能」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です