陸マイラー目線でのReader’s Card(リーダーズカード)完全攻略。ポイント還元率、優待内容、メリット・デメリットを徹底解説

クレジットカード
今回ご紹介するReader’s Card(リーダーズカード)は還元率約1.25%最高クラスの還元率を誇るクレジットカードです。

高還元率を誇るこのReader’s Card(リーダーズカード)ですが、年間30万円以上利用することで年会費が無料となります。

また、LINEルートを利用することで、現金キャッシュバック(還元率約1.25%)ANAマイルの還元率約1.01%とすることも可能です。

本日は、そんなRead’s Card(リーダーズカード)を陸マイラー目線でご紹介します。

Reader’s Cardの基本スペック

陸マイラーとしての目線をご紹介する前にReader’s Card(リーダーズカード)の基本スペックについて、触れておこうと思います。

Reader’s Card(リーダーズカード)はJACCSが発行するクレジットカード

Reader’s Card(リーダーズカード)はJACCSカードが発行するクレジットカードです。

Reader’s Card(リーダーズカード)は、クレジットカードマニアの中では有名な漢方スタイルカードやエクストリームカードの後継カードであり、現在においても還元率約1.25%と顧客満足度No.1で有名な楽天カードの1%を大きく上回る還元率を誇ります。

還元率は約1.25%以上と高還元率

お金
先ほどからご紹介している通り、Reader’s Card(リーダーズカード)の還元率は約1.25%と高水準です。

JACCSモールというJACCSの運営するオンラインモールを経由してネットショッピングを行うと還元率は最高約1.75%となります。

Reader_s_Card_ネットショッピング還元率

主な通販サイトの還元率

  • Amazon:0.5%
  • 楽天市場:0.5%
  • Yahoo!ショッピング:0.5%
  • Qoo10:1%
POINT
あまり有名ではないですがQoo10は他の通販サイトよりも安いことが多いのでおすすめです!

獲得したポイントをANAマイルに交換可能

Reader_s_Card_Gポイント
陸マイラーにはとてもありがたい話で、獲得したポイントを直接Gポイントに移行することができます。

そのため、以下のLINEルートを活用するとANAマイルに交換することが可能です。

LINEルートで交換すると

  • Gポイント:1,600→LINEポイント1,600ポイント(等価)
  • LINEポイント1,600ポイント→メトロポイント:1,440ポイント
  • メトロポイント1,600ポイント→ANAマイル:1,296ポイント
注意
現金キャッシュバックも可能ですが上記ポイント数だと1,600円にしかならないのでLINEルートの活用をおすすめします。
注意
ANAマイルに直接交換すると960マイルしか交換できないので損します。

年会費無料にする方法がある

年間30万円以上決済することで、本カード・家族カード共に年会費無料になります。

注意
年間決済金額が30万円未満の場合は、次年度年会費として本人会員2,500円(税別)・家族会員1名あたり400円(税別)がかかります。

海外旅行傷害保険が自動付帯

先日ご紹介したエポスカードと同様Reader’s Card(リーダーズカード)も海外旅行傷害保険が自動付帯されます。
また、エポスカードと同様国内旅行については利用付帯となります。

国内旅行傷害保険内容

  • 傷害死亡・後遺障害:最高1,000万円
  • 入院:1日につき5,000円
  • 手術:5万円・10万円・20万円※入院保険金を支払う場合
  • 通院:1日につき3,000円

海外旅行傷害保険はこちらの通りです。

海外旅行傷害保険内容

  • 傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
  • 傷害治療費用:200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用:200万円(1疾病の限度額
  • 賠償責任(免責なし):2000万円
  • 救援者費用:200万円
  • 携行品損害(免責3,000円):5万円・10万円・20万円

かなり手厚い保険が適用されることがわかります。
エポスカードの詳細についてはこちらの過去記事をご覧ください。

ETCカードが無料で発行可能

高速道路
ETCカードが無料で発行可能です。
還元率が1.25%と高還元なため、高速道路をよく利用される方はぜひ発行してください。

陸マイラーにとってのエポスカードのメリット・デメリット


今までご紹介してきた内容を整理すると以下のことが言えると思います。

陸マイラーにとってのメリット

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 年会費無料にできる
  • LINEルートが利用できる
POINT
高還元率(1.25%)で海外旅行傷害保険が自動付帯かつLINEルートが利用できる点は大きい。年間30万円以上決済される方は年会費無料にできるため是非発行した方が良いクレジットカード

年間30万円も決済しない場合は年会費2,500円(税別)が発生するので、発行しない方が良いと思います。

以上「陸マイラー目線でのReader’s Card(リーダーズカード)完全攻略。ポイント還元率、優待内容、メリット・デメリットを徹底解説」でした。

その他の陸マイラーが持つべきクレジットカードはこちらの記事でご紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です