陸マイラーの利用するポイントサイトに嘘はあるのか?

陸マイラーの私としてはあたりまえに利用しているポイントサイトですが、一般人からするとまだまだ馴染みがないようです。

ポイントサイトって正直なんとなく胡散臭いですよね。確かにそういったサイトがあることは事実ですが、うまくポイントサイトを活用するだけで普段の生活のみならず、私のようにANAマイルをためて国内・海外に特典航空券でお得に旅行に行けるようになります。

本日は、そんなポイントサイトについてご紹介したいと思います。

ポイントサイトとは?

ポイントサイトとは、ポイントサイトにある広告をクリックして目的のサイトで商品を購入したりサービスの申し込みをすることで、追加のポイント(現金化可能)を得ることができるサイトの事を指します。

俗にいう「お小遣いサイト」といったほうが分かりやすいでしょうか?

ポイントサイトの事業スキームとは?

何故ポイントサイトを経由して商品を購入・サービスの申込みをするとポイントが得られるのでしょうか?

それを理解するためにはポイントサイトの事業スキームを理解する必要があります。

ポイントサイトの事業スキームは上記の図のとおりです。

ご覧いただくと一目瞭然ですが、ポイントサイトは「インターネットに特化した広告代理店」です。

広告主から広告料をもらい、運営しているポイントサイト上に広告を掲載し私達が経由して商品を購入すると、ポイントサイトの運営会社に成果報酬として広告料が支払われるという事業スキームです。

広告主は何故ポイントサイトに掲載を依頼するのか

広告主の目的は当然商品を売ることです。

そのために広告をして購入者を集めますが、むやみやたらに広告を掲載すると広告費が馬鹿になりません。
そこでポイントサイトの出番です。ポイントサイトは基本的には成果報酬型なので商品が購入されない限り広告料は発生しません。

つまり広告費を商品の利益の一部に見込んでおけば、効果的に広告掲載が可能になります。

POINT
ポイントサイトはインターネット専業の広告代理店

ポイントサイトは広告代理店だから基本的には怪しくない

ポイントサイト=広告代理店という風に考えると怪しいと思う気持ちも大分薄くなったのではないでしょうか?

ただ、一部のポイントサイトは最初から悪意を持ち個人情報を集める目的のために公開していたり、資金力がなくポイント還元ができなくなってしまったりというポイントサイトがあるのは事実です。

ここで1年半以上陸マイラー活動を行って来た私が、信頼できるポイントサイトを見極めるポイントをご紹介します。

ポイントサイトの見極め方


では、どういうポイントサイトが安全なのでしょうか?3つの目線でみることで安全か危険かを見分けることができます。

  • 運営期間の長さ
  • 資本金の多さ
  • 交換先の豊富さ
それぞれ簡単に理由をご紹介します。

運営期間の長さ

基本的にポイントサイトは広告代理店です。つまり薄利多売で利益を積み上げていくモデルなので運営期間が長い=安定して広告収入があるということになります。

資本金の多さ

資本金の多寡は会社の体力のバラメーターです。これが多ければ多いほど万が一の際に顧客に真摯な対応が可能になります。

交換先の豊富さ

ポイントサイトの交換先には現金とポイント(amazonなど)があります。

私からするとAのポイントをBのポイントに交換するだけですが、AとBの運営会社からするとAポイントとBポイントの取引をしていることになります。

どのように利益計上をしているのかは良くわかりませんが、相手先が倒産していまうと損失が出てしまうので変なポイントサイトの運営会社は提携しないはずです。

POINT
現金しか交換できないポイントサイトより各種ポイントに交換できるポイントサイトの方が信用度が高い

まとめ

サイトを経由するという一手間をかけるだけで、数%ですがポイント還元が受けられてお得に商品を購入したり、サービスを受けたりできるポイントサイトはうまく付き合えばかなりお得です。

しかも、そのポイントをANAマイルに交換することで更にお得になります。

ポイントをANAマイルに交換するだけで爆発的なマイルがためた体験談は⇒

ANAマイルを貯め始めて9ヶ月で230,000マイル以上獲得できた方法

厳選ポイントサイトは⇒

TOKYUルートが利用できる陸マイラーが厳選する5つのポイントサイトと検索サイトをご紹介

以上「陸陸マイラーの利用するポイントサイトに嘘はあるのか?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です