陸マイラーのメインクレジットカードは?利用目的は?何枚持っている?


こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です。

2017年から陸マイラー活動をしてきましたが、もう3年目に突入しました。

陸マイラーの活動で最も簡単に大量のポイントを獲得できる案件は「クレジットカード」です。
丸2年間の陸マイラー活動で精査されたクレジットカードのおすすめはこちらの過去記事でご紹介しています。

本日は、私の保有している全てのクレジットカードをその保有目的別に分類してご紹介します。

陸マイラーの私のメインカード


本来は、1枚のクレジットカードに決済を集中して行うことが最も効率よくマイルを貯める方法ですが、今回の記事を書くに当たって調べてみると決済は複数のカードに分離して決済していました・・・

少し無駄はあると思いますが・・・ご参考になれば幸いです。

マイレージ関係

主にマイルを貯める目的で保有・使用しているクレジットカードです。

ここで紹介するカードが私が最も利用しているクレジットカードです。
我が家は少し特殊なお金を支払い方をしているので、残念ながら1枚のクレジットカードに集約できていないのが現状です。

我が家の決済事情

  • ANA VISAワイドゴールド(SFC):私の小遣い(昼食・飲み物等)
  • マイレージプラスセゾン:家族の支払い、飲み会費用等

飲み会等の大きな決済は全てセゾンマイレージプラスに集約していますが、私の昼食代と飲み物についてはANA VISAワイドゴールド(SFC)で支払っています。

ANA VISAワイドゴールド(SFC)

2017年にSFC修行を解脱すると同時に切り替えたクレジットカードです。

私がSFCカードをANA VISAワイドゴールドにした理由については、後日別の記事でご紹介したいと思います。

年間決済額

  • 約30万円(2018年実績)

マイレージプラスセゾンカード

私のメインカードです。このクレジットカードはマイルアップメンバーズに加入することでユナイテッド航空のマイルが1.5%還元という高還元率で貯めることができるクレジットカードです。

マイレージプラスセゾンカードの魅力についてはこちらの記事でご紹介しています。

年間決済額

  • 約280万円(2018年実績)
POINT
年間決済額が300万円以下はマイレージプラスセゾンカード、500万円以下はマイレージプラスセゾンゴールドカード、それ以上の決済額の方はマイレージプラスセゾンプラチナカードが最も効率よくマイルを貯められます。

Reader’s Card

先日こちらの記事でご紹介した隠れた高還元率カードです。主に妻が家族カードとして利用しているクレジットカードです。

年間決済額

  • 約40万円(2018年実績)

LINEルート関係

ソラチカルート亡き後、ANA陸マイラーの窮地を救ったLINEルートを活用するためのクレジットカードです。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ソラチカルートがあった時と変わりません(笑)

ポイントサイト→メトロポイントができなくなった代わりに、ポイントサイト→LINEポイント→メトロポイントに変わっただけで、このクレジットカードの重要性は引き続き高いと思います。

今も変わらず、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルにするためにフル稼働しています。

年間決済額

  • 約20万円(2018年実績)※全額会社経費

私は、東京に居住しているため東京メトロを頻繁に利用します。
移動に関しては全て業務利用のため、全額会社経費でANAマイル換算で3,000〜4,000マイル程たまります。

POINT
都内勤務の方は定期券をANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)にのせて利用すると気がつけばマイルが貯まっていきます。

ネット通販関係

私が利用する通販サイトは以下の4種類です。

利用する通販サイト

  • 楽天市場
  • Amazon
  • Qoo10
  • メルカリ

上記以外(Yahoo!ショッピング等)はよほどのことがない限り利用しないため、必然的に楽天とAmazonのクレジットカードを保有しています。

楽天プレミアムカード

昨年末突然メールが来た、3年間年会費無料キャンペーンに便乗してアップグレードしました。

基本的にスターアライアンス運行便しか搭乗しないので、プライオリティパスにあまり魅力を感じないため、3年間の無料期間が終わると同時にノーマルカードに戻すと思います。

年間決済額

  • 約20万円(2018年実績)

Amazon Mastercard ゴールド

SFC修行をする前からずっとAmazonプライム会員なのですが、このカードを知る前はずっと普通に年会費を3,900円支払っていました。

このAmazon Mastercardゴールドカードは以下の方法を使うことで年会費4,320円の負担でプライム会員が付与されます。

年会費を安くする方法

  • 通常の年会費:10,800円
  • 申込時に「マイ・ベストリボ」+WEB明細併用:4,320円※プライム会員込み

つまり、年間420円余分に払うだけでゴールドカードを持ちつつ、プライム会員になることが可能です。

Amazon MastercardゴールドカードのAmazonでの決済時のポイント還元率は2.5%なので、年間約42,000万円以上Amazonを利用し、プライム会員の特典を利用する方は、発行した方が絶対にお得です。

計算方法

  • 年会費差額:420円/(Amazon Masterゴールドカード還元率:2.5%-高還元率クレジットカード:1.5%)=42,000円
年間決済額

  • 約30万円(2018年実績)

特にSFC修行を考えている方は機内で確実に暇を持て余すので、ぜひプライム会員になることをおすすめします。

その他

ATMの手数料無料のためのデビットカード1枚(住信SBIネット銀行)とエポスカードを保有しています。

多くの方がお持ちのTカードやpontaポイントがたまるクレジットカードは全てアプリに移行したので今は持っていません。

エポスカード

tsumiki証券の積立のためと海外旅行傷害保険のために保有しています。

解約したクレジットカード

この2年間で解約したクレジットカードは以下の通りです。

解約したクレジットカード

  • NTTグループカード
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • ヤマダLABIカード
  • セブンカード・プラス
  • 三井住友カードエブリプラス
  • セディナゴールド
  • ライフカード
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • ビックカメラsuicaカード

こうしてみると、まだまだ高還元率のクレジットカードの発行は可能なので、少なくてもあと1年以上はクレジットカードの発行だけでも陸マイラー活動が続けられそうです。

多重申込だけは気をつけて行きたいと思います。

まとめ

改めて私の保有しているクレジットカードの枚数を確認したところ8枚でした。

一般の方よりは多いと思いますが、陸マイラーとしては少ない部類ではないでしょうか。

また自分自身の決済額、決済手段を見直してみたところ思っていたほど大きな無駄は見当たらなかったため、2019年もこの布陣で陸マイラー活動をしていきたいと思います。

以上「陸マイラーのメインクレジットカードは?利用目的は?何枚持っている?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です