陸マイラー業界をイノベーター理論で分析して分かったこと

恐らく私のブログをご覧になっている方は、ほとんどが陸マイラーもしくはSFC修行者の方々だと思います。

いつもは、私自身が経験したことや思ったことでお得な情報をご紹介してきましたが本日はちょっと趣旨を変えてマーケティング目線で陸マイラー業界を分析してみたいと思います。

イノベーター理論とは

大学で経済学や経営学を取られた方は聞いたことがある言葉かもしれません。イノベータ理論とはスタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が「消費者における商品購入に対する態度をもとに新しい商品に対する購入の早い順から5つに分類した理論」です。

f:id:momo-rock:20171219000609p:plain

これは、5つのグループの割合です。それぞれイノベーター・アーリーアダプター/あーりマジョリティ・レイトマジョリティ・ラガードと早い順に並んでいます。

イノベーター(Innovators:革新者)

新しいものを進んで採用する革新的採用者のグループ。彼らは、社会の価値が自分の価値観と相容れないものと考えている。全体の2.5%を構成する。

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)

社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断する初期少数採用者のグループ。「オピニオンリーダー」となって他のメンバーに大きな影響力を発揮することがある。全体の13.5%を構成する。

アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)

「ブリッジピープル」とも呼ばれる。新しい様式の採用には比較的慎重な初期多数採用者のグループ。全体の34.0%を構成する。

レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)

「フォロワーズ」とも呼ばれる後期多数採用者のグループ。新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。全体の34.0%を構成する。

ラガード(Laggards:遅滞者)

最も保守的な伝統主義者、または採用遅滞者のグループ。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しない。全体の16.0%を構成する。中には、最後まで流行不採用を貫く者もいる。

この5つのグループで一般的に普及したと言われるのはアーリーアダプターからアーリーマジョリティまで普及し始めて初めて普及したと言えるという理論です。

陸マイラー業界をイノベーター理論で見ると

イノベーターは恐らく誰もがご存知のあの方だと思います。(許可を取っていないのでご紹介は控えます・・・)私を含む多くの陸マイラーブロガーもあの方のブログを見て陸マイラー活動を始めていると思います。

アーリーアダプターは、2016年に陸マイラー活動を行っていた方でしょうか。アーリーマジョリティは2017年に陸マイラーになった私のような方々だと思います。

陸マイラーは普及している?

という視点で見ると陸マイラーは普及し始めているといったところでしょうか?実際陸マイラーのブログも増加しており私がブログを始めた今年の1月には900程度だったと思いますが、本日時点で1,148まで増えてきています。

ブログを始める方が増えているということは、興味を持っている方が増えているということだと思います。これはライバルが増えているともいえますが、顧客層が厚くなっているという点は大きなメリットだと思います。

陸マイラー業界はどこに向かうのか

私の貯めているANAマイルだけでなくJALマイルも会員数3,000万人を超える顧客を保有しています。

その中で陸マイラーは上位のごく僅かな割合だと思いますが、ANAにとってその顧客は重要な顧客層だろうと考えられます。ブログでANAの良さを訴え、SFC修行のメリットを訴え、自分もダイヤモンドステータスのために飛行機に多く搭乗する・・・これをみて重要な顧客層ではないと言えるわけ無いですね(笑)

もう十分囲い込みは終わったと思うので、今後はこの顧客層に対し新たなサービスを展開して、それを拡散させていくのでは無いかと予想しています。

まとめ

個人的に非常に残念なのは、アーリーアダプターになれずアーリーマジョリティ層での陸マイラーデビューとなったため、やはり出遅れ感が否めません。

残念ながらブログの検索流入においても先人の方々と同じワードでは太刀打ちできないといった状況です。

今回わかったことは陸マイラー業界に限らず、アーリーアダプターになることが非常に重要であることが分かりました。つまり考える前にまず行動する事が重要なのです。

今後も陸マイラーのための記事だけでなくお得な情報をご紹介していきたいと思います。以上「陸マイラー業界をイノベーター理論で分析して分かったこと」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です