陸マイラー活動のクレジットカード多重申込みや否決の影響はある?クレジットカード会社に照会されている個人信用情報を元に徹底分析


こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です。

2017年から陸マイラー活動をしてきましたが、もう2年も経ってしまいました。

陸マイラーの活動で最も簡単に大量のポイントを獲得できる案件は「クレジットカード」です。

申込時に個人情報等を入力して申込むだけであとは審査に通れば、後日ポイントサイトを通じて大量のポイントが獲得できることもあり人気の案件になっています。

注意
一部の案件は一定金額の利用が条件になっている場合もありますので、申込時にポイント条件をよく読んでください。
本記事の内容

  • クレジットカードの発行枚数(保有枚数)に上限は無い
  • 多重申込みは注意が必要

クレジットカードは何枚持てるか


冒頭で記載した通り、陸マイラーは一般の方々よりもクレジットカードを沢山保有することになります。

そこで気になるのが、案件に申込むのは良いけど発行できるかと言う不安だと思います。

クレジットカードの保有枚数制限は無い

結論から言うとクレジットカードの保有枚数に上限はありません。

POINT
各クレジットカード会社の社内基準を満たせばと言う条件あり

実際に申込む時に私達の個人情報を入力しますが、各クレジットカード会社は個人信用情報(CIC)という機関に記録されている私達の信用情報を元に発行の可否を判断しています。

クレジットカード会社が個人信用情報(CIC)を確認するフローとは

この個人信用情報ですが、私達でも閲覧を申請することはできますが、よほど不安な場合を除いてほぼ見る必要はないと思います。

興味がある方は、個人信用情報(CIC)のHPで申請をしてみてください→情報開示とは(自分の信用情報を確認)

各クレジットカード会社は以下の表のフローで私達がクレジットカードの発行をするに値するかを判断しています。

CIC_クレジットカード

出典:https://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

クレジットカード会社が見ている私達の信用情報とは

では、先ほどのフローの中でクレジットカード会社はどういった項目を確認しているのでしょうか。
全部ご紹介するとかなり長くなるので、主だったものだけご紹介します。

個人信用情報(CIC)で確認している項目

  • 住所氏名等の一般的な個人情報
  • 勤務先
  • 契約の内容(カードや住宅ローン・分割払いの有無等
  • 極度額(内キャッシング枠
  • 返済状況
  • 入金状況

こういった私達の情報登録が毎月保有しているクレジットカード会社等からこの個人信用情報(CIC)に登録されております。
経験上、発行が厳しくなるのは以下の3つの項目です。

クレジットカード発行が厳しくなる条件

  • キャッシング枠が多い(または利用している)
  • リボ払いを利用している
  • 支払い遅延

これに該当しなければ、一般的な年収があればプラチナカードで無い限り発行されないということは無いと思います。

個人信用情報(CIC)の都市伝説


インターネット上で出回っている、クレジットカード発行についての噂をわかる範囲で紹介します。

自己破産した後は5年以上経たないとクレジットカードが発行できない

発行できるかどうかは各クレジットカード会社の判断によると思いますが、先ほどの個人信用情報(CIC)の発行する「信用情報開示報告書」には契約が終了(強制退会含む)してから5年間は情報が残っています。

そのため自己破産と同時に全ての契約が強制解約になってから5年間は、自己破産したという情報が残っているため、クレジットカードの発行が難しくなるのだと思います。

クレジットカードの申込みを否決されたら半年は間をあける

先ほどの「信用情報開示報告書」にはクレジットカード会社等がアクセスした申込情報と利用記録が6ヶ月間残されます。

ただ、その残された情報は以下の6つなので、否決の情報は無さそうです。

6ヶ月残る情報

  • 登録元会社
  • 保有期限
  • 氏名
  • 生年月日
  • 照会日時
  • 利用内容
「信用情報開示報告書」表示項目

出典:https://www.cic.co.jp/mydata/report/documents/kaijishosai-2.pdf

そのため、同じクレジットカード会社(セゾン等)でなければ通過する可能性はあると思います。

多重申込みによる否決はあるのか

先ほどご紹介した通り、申込み情報が残るのであまりにも多くの申込みがあると否決されるリスクはあがると思います。

特にキャッシング枠を目一杯申請していたりすると、クレジットカード会社からすると大量借入→自己破産というリスクもでてくるため審査はよりシビアになりそうです。

通常のクレジットカードの申込み(キャッシング枠なし)程度であればそこまで気にする必要は無いかもしれません。

補足
私はだいたい月1枚ペースで申し込んでいましたが、発行できなかったことはありませんでした。

クレジットカードを発行後即解約はやめたほうが良い

これは、あると思います。

「信用情報開示報告書」には申込日と終了日(解約日)が記載されているので、これが近い日付かどうか一目瞭然です。

また、同様に入金状況において申込み後全く利用していないのも不自然にうつるので、なるべく毎月利用すると良いと思います。

Amazonギフト券を毎月購入すれば最低限の金額で「信用情報開示報告書」に入金の履歴を残すことができます。

その後半年〜1年後位に解約というのがスマートな流れだと思います。

まとめ

本記事では、クレジットカード会社が私達のどういった個人信用情報を見ているかをご紹介しました。

結論

  • クレジットカードの発行枚数(保有枚数)に上限は無い
  • 多重申込みは注意が必要
  • Amazonギフト券で使用履歴を残す

と陸マイラーになってから色々調べた結果、私は上記の結論で今も活動をしております。
本記事をご覧になったかたの参考になれば幸いです。

以上「陸マイラー活動のクレジットカード多重申込みや否決の影響はある?クレジットカード会社に照会されている個人信用情報を元に徹底分析」でした。

もし、興味があれば信用情報機関(CIC)のHPも見てみると良いかと思いますのでリンクをご紹介します。
信用情報機関のCIC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です