マイルがある生活とない生活の大きな違いとは?

f:id:momo-rock:20180207230305j:plain

私の会社は1年度ごとに3日間、通常の休日とは別に連続休暇を取ることができる制度があります。

中々仕事が忙しく、休みを取れない日々が続いていたのですがようやく休みが取れることになりました。妻とどこに行こうかと行き先を色々と考えているうちにふと以前の私とぜんぜん違う思考になっていることに気がついたのです。

今日は、そんなマイルを貯めはじめる前後の違いについて触れたいと思います。

家族旅行の行き先は海外?国内?

先日、終了が発表されたソラチカルートのおかげで私の手持ちのマイルは現在20万マイル程あります。我が家は夫婦二人だけなのでファーストとかビジネスを選択しなければ大抵のところに行くことができます。

ただし、休みは3日間しかありません。限られた3日間の休みでゆっくりすることを目的とした場合あまり遠方は難しそうです。

夫婦ででた行き先は結構ばらばらで私が近距離アジアで妻が国内中心でした(笑)結局悩んだ挙句、今回は少しでも気温が高い沖縄に行くことにしました。

飛行機代は当然国内線特典航空券で

そんな中旅費はどうするという話に当然ながらなるのですが、私がマイルを貯めていることを知っている妻は、飛行機はマイルで行けば良いから良いホテルでゆっくりしたいと言い始めました。

実際にこの時期に沖縄を往復すると飛行機代はどの位かかるのでしょうか?

通常料金+ホテル

最初から高いのはわかっているので選択肢にはありませんが一応・・・

  • 航空券   約11万円(2名分往復)
  • ホテル代  約3万円
  • 合計    約14万円

うん、却下ですね(笑)

旅作

ホテルのグレードと航空券の時間によって金額が変動しますので一概には言えませんが追加料金無しの航空券だと以下のとおりです。

  • ANAインターコンチネンタル万座ビーチ
    約73,000円(2名)=約50,000マイル
  • ザ・ブセナテラス
    約110,000円(2名)=約65,000マイル

通常料金よりはやすいですがそれでも結構な出費です。20万マイルのうち一部をスカイコインに交換すれば50,000マイル〜65,000マイルで行くことはできます。

現金で行くよりはまだお得ですが航空券の時間が羽田を朝一番にでて那覇を昼過ぎに出るのでちょっとあわただしい気がします。

特典航空券+ホテル

今回決めたのはこちらのプランです。航空券に必要なマイルはローシーズンなので

f:id:momo-rock:20180207223254p:plain

1人7,000マイル×2の14,000マイルなので夫婦2人で28,000マイルです。ホテル代は4万円〜7万円位の範囲で考えれば先程の旅作とかかっている費用はほぼ同じになります。ただ、旅作と違うのは特典航空券はどの時間帯のフライトでも追加料金が発生しません。今回の目的は沖縄のホテルでのんびりすることなので、ここは非常に重要なポイントでした。

ホテルの予約はポイントサイト経由

陸マイラーの方々ならもう何も言わなくても良いと思いますが、一応ご紹介しますとポイントサイトを経由してExpediaやHotels.comなどを利用してホテルの予約をすると宿泊費の数%がポイントとして戻ってきます。

本日時点の主要な予約サイトのポイントは以下のとおりです。

  • Hotels.com

f:id:momo-rock:20180207224647p:plain

  • Expedia

f:id:momo-rock:20180207224659p:plain

ポイントだけですとHotels.comに軍配があがるのですが、よく考えてください、差は僅か1.2%です。仮に1泊3万円のホテルだとしたらその差は僅か360円です。

このポイントに躍らされるのではなく、どちらのサイトも確認したほうが良いですのでお忘れなく。

まとめ

今回の旅行で何よりも大きいのは、特典航空券を活用することでホテルの選択肢が大きく広がることです。

旅作だと確かに安いのですが、同じホテルに2泊しないと行けないのでせっかく旅行をするのであれば1泊ずつ違うホテルに宿泊できる方がより旅を楽しめると思います。

陸マイラーになってから思うことは、旅行プランを考える中で飛行機のことをあまり考えなくて良くなり、その分ホテルや現地で楽しむことにお金を使えるので旅行に行くのがもっと楽しみになりました。以上「マイルがある生活とない生活の大きな違いとは?」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です