【Mi Band 3レビュー】超軽量・バッテリー長持ちのスマートウォッチ【最大20日稼働】

Mi Band 3レビュー】超軽量・バッテリー長持ちのスマートウォッチ【最大20日稼働】
こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です。
陸マイラー以外にも、生活を便利にするため年間100個以上もガジェットを購入するガジェットオタクでもあります。

本日は、気になるけど中々購入に踏み込めないスマートウォッチの中でもコスパ抜群のスマートウォッチを発見しました。

それはXiaomiが販売しているMi Band3です。

POINT
Xiaomiはスマートフォン市場に置いて2018年第1四半期(1月~3月)の世界のスマートフォンシェアは1位Samsung、2位Apple、3位Huaweiに続く第4位の企業です

Momo-rock

有名なApple Watch4GPS版)だと5万円以上しますが、必要な機能を絞ったこのMi Band3は約5.000円とスマートウォッチ(アクティブトラッカー)を試してみたい方にはオススメです。

スマートウォッチ市場は大きく分けると2つに別れています。

スマートウォッチ市場

  • Apple Watch4GPS版)等の機能盛りだくさんの高級路線
  • 様々なメーカーが開発している機能を絞ったアクティブトラッカー

本記事では、Apple Watchではなく安価路線のMi Band3を購入したかとその使用感のレビューをご紹介します。

Apple Watchを1ヶ月使用して感じたイマイチな点

昨年の12月にPayPay祭りに便乗して以前から気になっていたApple Watch4GPS版)を購入しました。

Momo-rock

当然のように全額キャッシュバックは当選しませんでした・・・

Apple Watchを1ヶ月使用してみて感じたイマイチな点


実際に使用してみてApple Watch4GPS版)は当初期待していた性能を発揮してくれ、LINEの通知・メッセージの確認やランニング中の地図の確認など期待通りの活躍をしてくれました。

人間は不思議なもので、その便利さに慣れてしまい次第に次のような不満を感じるようになりました。

Apple Watchのイマイチな点

  • 電池が1日しか持たない
  • 未対応のアプリが実は多かった
  • 画面が小さくて結局スマホを出す機会が多かった
  • LINEの確認をしても返信は結局スマートフォンからしていた
  • Apple Payをあまり使わなかった

電池の持ちが悪いのは覚悟していましたが、やはり毎日充電する必要があるのはかなり億劫でした。
また、未対応のアプリも多く画面も小さいためスマートフォンのと同様の便利さを求めるのは難しいということも痛感しました。

ということで私の購入したApple Watch4GPS版)はメルカリで売ってしまいました。PayPayの20%ポイントバックのおかげで傷口が浅かったのが救いでした。

Mi Band 3のスペック


Xiaomi社の「Mi Band3」は、軽量かつバッテリー持ちの良いスマートウォッチ(アクティブトラッカー)です。

製品名Mi Band 3
メーカーXiaomi(シャオミ)
カラーブラック
本体サイズ17.9 x 46.9 x 12mm
重量約 20g(バンド含)
電池容量110mAh
最大持続時間最長20日間
バンド長247mm
画面サイズ0.78 インチ
搭載センサ3軸加速度センサ、PPG心拍センサー
対応機種 Bluetooth 4.0 、Android 4.4 または iOS9.0 以上のスマートフォン
国内認証 技術基準適合証明取得済(技適)

 

何でもできるApple Watch4GPS版)と比較すると機能は劣りますが、スペック的にはバッテリーの持ち等勝る部分があるのが特徴です。

Mi Band 3を選んだ理由

PayPay祭りに踊らされてApple Watch4GPS版)を購入して感じた、私のスマートウォッチへのニーズは何かを改めて考えてみました。

スマートウォッチに求めるもの

  • 電池持ち
  • 軽さ
  • LINEとTwitterの通知確認
  • 睡眠の質のモニタリング
  • ランニング時のモニタリング
  • よく分からない中華ブランドはNG

意外と少ないですが、多くの方も同じではないでしょうか。

今回購入したMi Band3は私のApple Watch4GPS版)を利用してはっきりと分かったスマートウォッチへのニーズにあったガジェットでした。

では、実際に1ヶ月程使用してみてのレビューをご紹介します。

ナイスな点

約5,000円ということもあり、必要最小限の機能しかないのですが私のニーズを満たす素晴らしいガジェットでした。

ウェアラブルデバイスで世界シェア1位なのがGood

スマートフォンメーカーとしては有名なXiaomiですがスマートウォッチ業界でも有名な企業だったようです。

IDCが発行する「Top 5 Wearable Companies by Shipment Volume, Market Share, and Year-Over-Year Growth, Q3 2018」のデータによると、2018年第3四半期の世界ウェアラブルデバイスにおいて、Xiaomi製ウェアラブルデバイスは、世界シェア1位を獲得いたしました。
※ Source: Source: IDC Worldwide Quarterly Wearables Tracker, December 3, 2018

24時間どころか2週間つけても電池が持つのがGood

メーカーの仕様によると最大20日持つとありますが、実際に1ヶ月間使用してみると1日あたり6%〜8%位バッテリーが減少していました。

とはいえ、2週間程度はバッテリーが持つのでApple Watch4GPS版)とは比較にならない位の性能であることが分かりました。

スリープトラッカーが割と正確でGood

実際に入眠するタイミングは正確に分かりませんが大体寝たかなと思う時間と起きた時間がほぼ一致していました。睡眠の深さについては何とも言えませんが自分の睡眠時間が大体何時間位かということが分かるのはGoodです。

また、同じ地域の他のユーザーとの比較もアプリで見れるのが面白いです。

軽いのがGood

重さ約20gと着けているのを忘れるくらいの重さです。

私の付け方は左手に普通の時計を着け、右腕にMi Band3を着けています。

私の利き腕は右なのでキーボードを打ったり、字を書くときにApple Watch4GPS版)だと少し重く感じましたが、Mi Band3はほとんど気になりません。

手首を持ち上げて情報を表示がしっかり機能するのがGood

手首を持ち上げて情報を表示が割と正確に反応します。また、指定した時間は反応しなくすることもできるので就寝時の時間帯はオフにすることでスムーズに寝ることが可能です。

5気圧(50m)防水はGood

お風呂でも外すことなく着けたままシャワー等が可能です。

注意
Mi Band 3を着用したままの入浴などを行うと故障の恐れがございます。ご注意ください。

イマイチな点

総じて性能が高くコスパの良いMi Band3ですが、何点かイマイチnポイントがあります。

充電ケーブルが専用で互換性がないのがBad

防水性を担保するのとトレードオフなのは理解していますが、いちいち専用ケーブルを利用しないと充電できないのはイマイチだと感じました。

ただ、バッテリーは2週間程度持ちますので、入浴中とかに充電しておけば問題なく使用できると思います。

屋外で液晶が見えにくい点はBad

OLEDディスプレイの特性で仕方がないのですが、屋外等明るいところでは液晶が若干見えにくいです。

ただ、LINE、Twitterの通知を認識するという私の使い方だと、バイブする=通知なので全く問題はありません。

Mi Band3のレビューまとめ

本記事は「【Mi Band 3レビュー】超軽量・バッテリー長持ちのスマートウォッチ【最大20日稼働】」について書きました。

Mi Band3はシンプルな外装で着けているのを忘れるくらい軽量かつ、スマートフォンのアプリと連携することで、数多くのアクティビティを記録することができます。

スマートウォッチを検討しているけど、流石に数万円は高いと思う方にオススメです。

どうも、Momo-rock(@MomoRock2017)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です