子連れに便利なSFC会員特典と不要なSFC会員特典についてご紹介

子連れ先日、子供が生まれてから初めての家族旅行に沖縄に行ってきました。

以前からSFC会員はあくまでも個人向けであり家族連れには向かない可能性があると過去記事でご紹介していました。

今回子連れで旅行してみて改めて感じたことがあったので、子連れに便利なSFC会員特典と使いにくいSFC特典についてご紹介したいと思います。

SFC会員のメリットとは

ANAの公式HPには以下の16個の特典があると記載があります。

会員の特典とは

  • プレミアムメンバー専用サービスデスク
  • 航空会社ラウンジ利用
  • 座席クラスのアップグレード
  • プレミアムエコノミーへの無償アップグレード
  • 国内線指定座席優先
  • 予約時の空席待ち優先
  • 国際線特典航空券の優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受取優先
  • 手荷物許容量の優遇
  • 専用保安検査所利用可能
  • 優先搭乗
  • 空港での空席待ち優先
  • マイカーバレー優待(成田)
  • 羽田空港駐車場の優先予約
  • 香港国際空港の優先レーン

これだけ沢山あると必要なもの不要なものもあると思いますので実際に子連れで旅行して感じたことをご紹介します。

我が家の属性

家族
はじめに今回旅行に行った我が家の属性を簡単にご紹介します。

我が家の紹介

  • 家族構成:私・妻・子供(7ヶ月)
  • ステータス:私(プラチナ・SFC)・妻(なし)・子供(なし)
  • 空港までの移動手段:電車で40分程度

私はまだSFCカードの家族会員カードを発行していません。

こちらの過去記事で紹介した通り家族会員のメリットをやはり感じられないからです。

子連れに便利なSFC会員特典と不要なSFC特典

メリットデメリット
今回の旅行を通じて感じたことを、便利なSFC会員特典・場合によっては便利なSFC会員特典・不要なSFC会員特典の3つの視点で分けてご紹介します。

子連れに便利なSFC会員特典

今回実際に特典を利用してみて便利だったものが以下の7つの特典です。

子連れに便利なSFC会員特典

  • プレミアムメンバー専用サービスデスク
  • 航空会社ラウンジ利用
  • 国内線指定座席優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受取優先
  • 専用保安検査所利用可能
  • 優先搭乗
  • 手荷物許容量の優遇

黄色いマーカーをした特典については、今回のように子供が小さいもしくは幼児連れの場合家族カードとか不要で利用することが可能なようです。

カウンターで聞いてみたのですが明確な基準はなく小学校位までの保護者のサポートがいる年齢くらいまではANAの場合は対応するそうです。

一番便利なのは、航空会社ラウンジ利用でした。

子供連れでクレジットカードラウンジは混んでいたり保安検査所の外だったりとやや不便ですが、航空会社ラウンジは保安検査所の中にあるので、ラウンジからすぐに搭乗口まで移動することが可能です。

手荷物受取優先と手荷物許容量の優遇は家族数が増えるほどメリットが増すと思います。

場合によっては便利なSFC会員特典

我が家は空港までの移動手段が電車なので不要ですが、車で空港に行く方にとっては以下の特典はメリットだと思います。

また、マイルで特典航空券を発券する場合や、3人家族で2名分の特典航空券が発券できて後1枚と行った状況は限られますが特定の状況によっては大きなメリットがありそうです。

場合によって便利なSFC会員特典

  • マイカーバレー優待(成田)
  • 羽田空港駐車場の優先予約
  • 予約時の空席待ち優先
  • 国際線特典航空券の優先
  • 香港国際空港の優先レーン

子連れには不要なSFC会員特典

以下にあげる特典は家族連れだと不要もしくは使いにくいものだと感じました。

子連れに不要なSFC会員特典

  • 座席クラスのアップグレード
  • プレミアムエコノミーへの無償アップグレード
  • 空港での空席待ち優先

座席のアップグレードなんて1人だけアップグレードされても何の意味がありません・・・

まとめ

今回の旅行を通じて改めて、子供が大きくなるまでは本会員のみで家族会員については不要かなと感じました。

また、来年からSFC会員のメリットである座席のアップグレードが廃止されますが、私のような家族連れにとってはほとんど影響がない改悪に感じました。

以上「子連れに便利なSFC会員特典と不要なSFC会員特典についてご紹介」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です