エポスゴールドカードが欲しい人はtsumiki証券の積立をするのがローリスクでベスト


こんにちは!

陸マイラーの魅力にどっぷりはまってしまったMomo-rock(@MomoRock2017)です。

2018年8月31日より営業を開始したtsumiki証券ですが、当時はこういった投資信託は現金でしか購入することができませんでした。

2019年5月現在は楽天証券や松井証券など複数の証券会社でクレジットカード積立やポイント積立が可能となっています。

今回ご紹介するのはこちらの過去記事でご紹介した「tsumiki証券」で積立をするだけでエポスカードのゴールドカードのインビテーションが来るのかという検証の結果をご紹介します。

「tsumiki証券」って何?「tsumiki証券」で取り扱っている商品等についてはこちらの過去記事をご参照ください

エポスカードで投資信託の積立をした理由

通常のエポスカードの還元率は0.5%と還元率は高くありません。

そのため、メインカードとして利用するのは陸マイラーの端くれの私としては許せなかったのですが、エポスゴールドカードになると年会費無料でポイントの有効期限が無期限になったりとメリットがあるので、リスクがなければ欲しかったクレジットカードでした。

投資信託の積立を行うだけで巷で噂の年間50万円の利用としてカウントされるのであれば、リスクは限定的で資産運用もできるし一石二鳥ではないかと考えました。

ちなみに投資信託は投資の中でもリスクが比較的低い代わりに利回りがさほど高くない投資方法ですが、将来の資産形成をはかるには実はかなり有効な方法です。

「つみたてNISA」や個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」などで購入できる商品の大半は投資信託ということからもお分かりいただけると思います。

注意
リスクは高くありませんが、日中貿易摩擦など世界を巻き込むような事象が起きた場合はさがります・・・

積立開始7ヶ月でエポスゴールドカードのインビテーションがきた

資産運用がプラスになっているのもうれしいのですが、何よりもお金を全く使わずにエポスゴールドカードのインビテーションが来たことが一番うれしいです。

エポスゴールドインビテーション

私のエポスカードの利用状況はこのような状況です。

エポスカード利用状況

ご覧の通りtsumiki証券の積立以外一切利用していません(笑)

ちなみにtsumiki証券の運用状況はこちら

tsumiki証券

最短で口座を開設し毎月5万円積立の設定を行ったため2018年10月〜2019年の4月までの7ヶ月分で35万円を投資した資産運用状況です。

利益確定をしていないので取らぬ狸の皮算用ですが運用成績はプラス4,745円の約1.4%のプラスで推移しています。

POINT
私はセゾン・ヴァンガード・グローバルバランスファンドのみ積立しています

まとめ

エポスカードは通常のカードでも年会費無料に加えて、旅行保険が自動付帯だったりと旅行が多い陸マイラーに必須とも言えるクレジットカードですが、今回ゴールドカードにアップグレードしたことで保険の金額が増え、ポイントの有効期限が無期限になるといったメリットを享受することができました。

普通に利用していると数十万円利用しないといけないのですが、今回私の検証したtsumiki証券の積立によるインビテーションを獲得する方法であれば、ほとんどお金を使うことなく、ゴールドカードを獲得することができました。

エポスゴールドカードが欲しいけど、還元率が低く数十万円使うのに躊躇している方は是非お試しください!

エポスカードの発行は公式ページや店頭ではなくポイントサイト経由で発行するのがおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です