海外旅行でのクレジットカード決済は日本円ではなく現地通貨が良い理由

そろそろGWが近づいてきて、海外旅行に行かれる方も多いと思います。現地で支払いをする時にクレジットカードを利用することも多々あると思いますが、その時に日本円で支払っていませんか?

現地通貨払いにしないと損をしているかもしれません。本日はクレジットカード払いは現地通貨をおすすめする理由をご紹介します。

海外での支払い方法

海外での支払い方法は大きく分けるとこのような感じでしょうか。

  • 現金(現地通貨)
  • クレジットカード払い
  • トラベラーズチェック
以上の3つが主な支払い方法ですが、トラベラーズチェックを私は見たことありません(笑)
多くの方は現金とクレジットカード払いの2択だと思います。

海外旅行時のお得な現金を用意する方法はこちらでご紹介しています。

マネーパートナーズの空港外貨受取サービスだと外貨両替手数料が98%も節約可能

現金とクレジットカード払いのメリットデメリット

これについては白黒をつけるというよりも、ニーズに合わせて使い分けるというのが正しい選択だと思います。

現金のメリット・デメリット

現金のメリットは

  • 外貨両替時のレートから変動しない
  • ほとんどの所で利用可能
という点だと思います。
反対にデメリットは何でしょうか。
  • 高額紙幣での支払いは拒否されることがある
  • 盗難・紛失時の補償がない
  • 小銭の処理に困る
海外では偽札対策として例えば500ユーロのような高額紙幣での支払いを拒否されることがあります。日本にいると偽札という言葉すらあまり聞きませんが、海外では割りと普通なのでしょうか?

海外はスリ・盗難が多いので気をつけるようにと必ず言われると思います。幸い私は今まであったことがありませんが、そういった際に何の補償もないのは危険なので、海外で大量の現金を持ち歩くのはリスクだと言わざるを得ないと思います。

クレジットカードのメリット・デメリット

ではクレジットカードのメリットは何でしょうか?

  • ポイントが貯まる
  • 高額な買い物でも問題なし
  • 不正利用・盗難時もサポートがある
という点だと思います。
反対にデメリットは
  • 利用時に支払いが確定しない
  • 使えないお店がある
  • カード決済時にエラーがでることがある
日本よりも海外の方がクレジットカードが普及しているため、あまり見かけませんが自動販売機等では使えないことが多いです。

また、カード決済時にエラーが出ることがあります。これは普段国内で使用していて急に海外で高額な買い物をした際にカード会社のシステムで不正な利用とみなされることがあるようです。
それに対する対応方法は以下の2点です。

point
サブのクレジットカードを持っていく
事前にクレジットカード会社に渡航する国を伝えておく

渡航する国を伝えることにどこまで意味があるのか分かりませんが、少なくとも私はエラーが出たことはありません。

海外でのクレジットカード決済は現地通貨が良い理由

クレジットカード決済をする際にお店の人から現地通貨か日本円かどちらで支払うか」と聞かれることがあります。その際は必ず現地通貨で支払うことを選びましょう。

その理由は、日本円で支払うことを選ぶと不利なレートでの支払いをすることになる可能性が高いからです。

クレジットカードでの支払い時はカード会社に請求が届くと、その時点での為替レートに対し一定の手数料(1.6%〜2.5%程度)を上乗せしたものが支払い料金になります。

反対に、日本円で支払うことを選んだ場合その場で支払金額が確定しますが、お店が独自で決めた為替レートでの支払いになります。

注意
日本円で支払うととんでもないレートでの支払いになることがある

まとめ

現金・クレジットカードどちらもメリット・デメリットがあり、お店で利用するときはクレジットカードを使って、チップは現金でといった形で使い分けると良いと思います。

私はチップを用意するためにちょっとした食べ物や水等については現金で支払い、レストランやホテル代等高額になるものはクレジットカードで払うようにしています。少なくとも、クレジットカード決済時には必ず現地通貨での支払いをするように心がけてください。

以上「海外旅行でのクレジットカード決済は日本円ではなく現地通貨が良い理由」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です