SFC修行僧・JGC修行僧が電子書籍を読むのにベストな端末はコレだ!

先日は、SFC修行僧やJGC修行僧の機内の暇つぶしとして電子書籍をご紹介しました。本日は、その電子書籍を読むのにベストな端末をご紹介したいと思います。

スマートフォンvsタブレット

このブログはGoogleAnalyticsという仕組みが組み込まれており、皆様がPC・スマートフォン・タブレットのうちどれでアクセスしているか見ることができます。
日によって差はあるもののPC:スマートフォン:タブレットの割合は大体3:6:1くらいでスマートフォンが圧倒的に多いです。
皆様がブログをスマートフォンでも比較的読みやすいのは、私も含めた多くのブロガーのみなさんがレスポンシブルデザインというスマートフォンに最適化された構成でブログを作成しているからです。

では、電子書籍はどうでしょうか?電子書籍も細かいMenuは異なりますが、タブレットでもスマートフォンでも閲覧できるように最適化されています。

ただタブレットと異なり、スマートフォンは画面サイズが小さいためどうしても文字が小さくなったり1ページあたりの情報量が少なくなってしまいます。そのためブログのように字が少ないページや漫画など絵が多いものは良いですが、字が多い小説や紙面が大きな雑誌・新聞などはタブレットの方が良いと思います。

MEMO
スマートフォンで読めるのはかろうじて漫画くらいで、小説や雑誌はタブレットがベター

タブレットのサイズは大きく分けると3種類だが修行僧にベストなサイズは7〜8インチ

タブレットは7インチ以上のものを指すことが多いですが、大きく分けると3種類に分類されます。

  • 7〜8インチ(iPadminiなど)
  • 9〜10インチ(iPadなど)
  • 10インチ以上(iPadProなど)
私は、ガジェットオタクでもあるので、全てのサイズを実際に持ってみた結果7〜8インチのタブレットがSFC修行僧・JGC修行僧にベストな端末である思います。

7〜8インチタブレット

この7〜8インチのタブレットは以下の特徴があります。

  • 軽いため持ち運びしやすい(300g前後)
  • 価格が安い(5,000円〜20,000円台)
  • 文庫本・漫画とほぼ同じサイズ
7〜8インチタブレットは画面が小さい分、画面が大きなタブレットと同じ性能であっても概ね20,000円台以下で購入できるほど価格が安いです。ただし、価格が安い分CPUの性能もそれなりなので、3Dのゲーム等をやりたい方は、30,000円以上する端末を選択された方が良いと思います。

軽いため持ち運びし易いのも特徴です。電車に乗っているときや飛行機の機内でだけ使用するのがおすすめです。また、SFC修行・JGC修行において荷物は軽いほうが良いので修行僧の方にはこのサイズがベストだと思います。

最後に、漫画や文庫本とほぼ同じサイズな点です。同じサイズということは普段漫画や小説を読むのと同じ感覚で電子書籍が読めるということです。

何故9インチ以上がだめなのか

9インチ以上の端末でも良いのですが、残念ながら

  • 価格が高くなる
  • 重くなる
という点で、個人的にはお勧めできません。ただ、動画を見たい方や雑誌がメインの方は10インチ前後のタブレットでも良いと思います。

7〜8インチタブレットの中でベストな端末はFire7タブレット

iPadや数あるAndroidタブレットではなくFireタブレットをおすすめするかをご紹介します。そもそも、Fireタブレットって何?という方もいらっしゃると思いますので、簡単にご紹介します。

  • Amazonが販売しているタブレット
  • Androidベースのカスタムモデル
  • Amazonのサービスが使いやすいようにカスタマイズ済

コストパフォーマンスが抜群

iPadは中古でも3万円以上、androidタブレットですら2万円以上はする中で、なんとFire7タブレットは5,980円で購入することができます。
[amazonjs asin=”B01J90PKEM” locale=”JP” title=”Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック”]

容量の拡張が可能

iPadは中古も含めると16GB〜128GBまで存在します。価格はそれぞれ2万円〜10万円近くと非常に高価です。
また、android端末は安価ですが、ipadのように128GBも容量がありません。Fire7タブレットはmicroSDカードを挿すことで最大256GBまで容量の拡張が可能です。

microSDカードにKindleの電子書籍・AmazonPrimeVideoのデータを保存可能

microSDカードを挿せるだけだと他のAndroidタブレットを同じですが、Fireタブレットの最大の魅力はKindleで購入したデータの保存を直接SDカードに保存できます。これができるのはFire OSを搭載したFireタブレットだけなのです。

Fire7タブレットの最大のメリットはSDカードが使える点

これがなかったら、多分私は高いのを我慢してiPadの128GBを購入していると思います(笑)このkindleで購入したデータをSDカードに保存できる機能こそFire7タブレットを修行僧におすすめする最大の理由です。

飛行機の中は電波があるにはあるのですが、電子書籍のように大容量のデータのダウンロードには向いておりません。そのため、読みたい本をダウンロードしておく必要があります。
私は、ぱっと思った漫画を読みたいため、購入した漫画を全て保存したいという希望がありました。それを叶えられるのがFire7タブレットだけだったのです。

私のFire7の中にあるデータの容量は約120GB

今私が持っている漫画の数が約3,000冊、小説・ライトノベルが約1,000冊で合計約4,000冊です。改めてみると恐ろしい量です。多分壁一面の本棚があっても入り切らないかもしれません・・・でも、電子書籍ならタブレット1個で保存可能なのです。
さて、問題の容量ですが、大体このくらい使っています。

  • 漫画:1冊40MB×3,000冊=120GB
  • 小説・ライトノベル:1冊2MB×1,000冊=2GB
128GBのiPadでぎりぎり入らないか位ですが、Fire7タブレットなら256GBのSDカードを挿して利用すればまだ100GB以上の余裕があります。

Momo-rock

100GBということはあと漫画を2,500冊買えるね

まとめ

私の場合は極端すぎるかもしれませんが、容量を気にすること無く好きな漫画・小説・雑誌を持ち歩けるのは本当に便利だと思います。
修行のときだけでなく普段の通勤等で移動する際にも持ち歩いて読書(漫画は読書ではない)を気軽にできる端末を購入してみませんか?
以上「SFC修行僧・JGC修行僧が電子書籍を読むのにベストな端末はコレだ!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です