ノーマイレージ・ノーライフ

旅行好きの30代サラリーマン。ポイントサイトや投資を駆使してマイルをためています。そんなお得な情報を発信していきます。

ビットコインの暴落が止まらない

【保存版】ソラチカルート廃止に伴う2018年3月までに行うべき事と代替ルート

【保存版】2017年SFC修行解脱者が2018年SFC修行者におくる実践編(持ち物)

【必読】ANAマイルを貯め始めて9ヶ月で230,000マイル以上獲得できた方法

 ついにこの日が来てしまいました。ビットコインだけにとどまらずアルトコインを含むほぼ全ての仮想コインが大暴落です。

 もともと、ビットコインが暴落するとアルトコインも巻き込まれて暴落するのですが、今まではビットコインがある程度のところで反発していたのですが今回はどうなるでしょうか?

直近1ヶ月のチャート

f:id:momo-rock:20180118001701p:plain

 これは12月18日から現在までのチャートです。完全に谷底に落ちていっていますね・・・

 12月18日には1BTC=210万円だったものが今日は1BTC=110万円程度まで落ちています。実に50%も下落しているのです。

 現実の通貨でそこまで下落することは無く、国が介入(限度はありますが)することがありますが、そこは国が発行していない仮想通貨なので誰も介入などできません。

 つまり、一度こういう暴落が始まると狼狽売りが始まり止められないということが分かりました。では何故こんな急速に相場が動いたのでしょうか?

ビットコインが暴落した理由とは

 中国当局によるビットコインの取引規制観測

 理由の一つには、中国政府によるマイニング規制通達がされ、ロイター通信によると中国人民銀行(日銀のような銀行です)の副総裁が仮想通貨関連サービスを禁止したほうが良いという見解を出したというニュースがありました。

 今や中国は世界の中心といっても過言ではない国になりました。そこの中央銀行がそういった見解を出すということは、結構な大事です。

 ある意味そういった要人のポジティブトークやネガティブトークは今回のような事を引き起こします。これは、仮想通貨に限らず株や現実通貨でも起こっていることなので、特段大騒ぎするようなことではないと思うのですがどうなのでしょうか。

 韓国・ドイツでも規制観測が・・・

 お隣の韓国やドイツでも同様の噂が出てきているという報道も見かけます。こういった報道ってどこから漏れるんでしょうか・・・

 ビットコインFXの連鎖ロスカット

 国別取引量や取引所のシェアを確認できるサイトである「cryptcompare.com」というサイトがあります。

 こちらのサイトを見ると取引所のシェアは以下のとおりです。

f:id:momo-rock:20180118003747p:plain

 えっと・・・皆さんギャンブルがお好きなんですねという感想しかでませんが、ただでさえボラリティ(変動幅)の大きい仮想通貨にレバレッジをかけて一攫千金を狙う人が多いのでしょうか?

 基本的に仮想通貨は値上がりをすることを期待するので、恐らく多くの人がロング(買い)ポジションで保有していると思います。

 このレバレッジは、思惑通りに行くと大きな利益を得ることができます。しかし世の中そんなうまい話だけではありません。今回のように暴落すると資金が0になると強制的に決済されてしまいます。

 通常のFXの世界でもよくあることで、大幅に変動した時にロスカットされる人が多いとロスカットがロスカットを呼びながら段階的に下落もしくは高騰することがあります。

仮想通貨はもう終わりなのか?

 こういった暴落があるともう仮想通貨はだめだというような意見も出てくると思いますが、決してそうではないと思います。

 中国も韓国もドイツも売買を禁止したわけではありません。あくまでも「規制観測」なのです。本当に自国の通貨が脅かされるようなものであれば間違いなく「禁止」を選択するはずなのにそれを行わないのは、仮想通貨の技術に一定の理解を示すものの加熱する投機を抑制するためなのではないかと考えています。

 日本のバブルのときの日銀の動きに似ていると思いませんか?個人的には無理のない金額の投資をしているのであればそのまま保有し続けてもいいかなと思います。

まとめ

 今回の暴落で私のビットコインは約40%の資産価値がわずか数日でなくなりました。仕事中も気になって仕方がありませんでしたが、もうここまで来ると気にしても仕方がないので数ヶ月放置するつもりです。いつか戻ってくることを信じます。以上「ビットコインの暴落が止まらない」でした。

関連記事

www.nomileage-nolife.com

www.nomileage-nolife.com