ノーマイレージ・ノーライフ

旅行好きの30代サラリーマン。ポイントサイトや投資を駆使してマイルをためています。そんなお得な情報を発信していきます。

2017年SFC修行解脱者が2018年SFC修行僧におくる準備編(修業ルート)

 2017年8月に私はSFC修業を解脱し晴れてSFCホルダーとなったわけですが、その経験から2018年にSFC修業を控えている皆様に必要な準備についてご紹介したいと思います。

 先日は、SFC修業にかかるお金とスカイコインを使うことによる費用削減についてご紹介しましたが、本日は50,000PP(プレミアムポイント)を獲得するために搭乗するルートについてご紹介したいと思います。

先日ご紹介したSFC修業にかかる費用と準備についてご紹介した記事はこちら>>>2017年SFC修行解脱者が2018年SFC修行者におくる準備編(お金)

PP(プレミアムポイント)って何?

 プレミアムポイントは、搭乗時やクレジットカードの利用で貯まるマイルとは別に搭乗時に搭乗した路線・運賃によって獲得できるポイントのことです。

プレミアムポイントは、お客様が1年間にご利用いただいたANAグループ運航便や、スター アライアンス加盟航空会社ご搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。毎年1月~12月に獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスをご利用いただけます。

  • ※プレミアムポイントとマイルの交換や合算はできません。
  • ※プレミアムポイントは年間(1月~12月)で積算し、翌年に持ち越すことはできません。
  • ※翌年度のステイタスが決定する12月末日よりも早く、各ステイタスに必要なプレミアムポイントを獲得されたお客様には、翌年3月末日まで、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズそれぞれのプレミアムメンバー事前サービスをご利用いただけます。

  上記は、ANAのサイトからの引用ですが先日ご紹介したポイントサイトのポイントをANAマイルに交換して搭乗してもこのPPプレミアムポイントは獲得できません。

 あくまでも運賃を支払って(スカイコインは可)搭乗した区間だけが加算対象になります。

ステータス獲得条件

 ANAのステータスには上からダイアモンド・プラチナ・ブロンズと3つのステータスがあります。それぞれのステータスについてはこちらのSFC会員になるために必要なプレミアムポイントのため方と優遇内容でご紹介しています。

f:id:momo-rock:20171113225357p:plain

 SFC修行者は真ん中のプラチナステータスを目指すことになります。つまり50,000PP(プレミアムポイント)の獲得を目指します。

PP(プレミアムポイント)を獲得できる航空会社

 PPプレミアムポイントを獲得できる航空会社はスターアライアンスに加盟している運航会社とANAグループ運航便に限ります。

【注意点】

  • 50,000PP(プレミアムポイント)のうち25,000ポイントはANAグループ運航便であること
  • スターアライアンス運航便に搭乗する場合はANAで予約してもスターアライアンス加盟運航便の搭乗分としてカウントされます
  • ANA運航便に搭乗する場合は、提携航空会社便名で搭乗してもANA運航便の搭乗分としてカウントされます
  • 搭乗する飛行機の運行会社がスターアライアンス加盟外の航空会社の場合は対象外です
  • 各搭乗時に申請するマイレージプログラムがANAの時のみ加算対象となります

PP(プレミアムポイント)計算方法

 PPの計算は複雑な計算になるので、詳細はANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションをご参照ください。

 一言でご紹介すると以下の計算式です。

  • 区間基本マイレージ×運賃種別×路線倍率+搭乗ポイント

SFC修業の考え方について

 SFC修業には大きく分けると以下3つに別れると思います。

  1. 出張で稼げる方
  2. ストイックにPP単価を求めて修行する方
  3. 旅行を楽しみながら修業する方

私は、1の出張で18,000PPを稼いで、残りは割りとストイックに修業をしました。

f:id:momo-rock:20170813210812p:plain

2017年のSFC修業記録

上記のようにひたすら那覇を含むように搭乗しました。出張の記録なのでここではご紹介しませんが、福岡に出張したら帰りは沖縄経由で帰るとか、札幌に出張したら何故か福岡経由で帰るとか今思うと無茶をしたなぁと我ながら思います(笑)

出張で稼げる方

 このカテゴリーに分類される方は非常に恵まれています。多分私のブログなんて読む必要もない方々ですね。SFCだけでなくJGC(JAL Global Club)も簡単に取れてしまいます。

 私の場合は今年の2月から3月に全国の営業所を回る業務(6回位)が出てきたので、これ幸いに18,000PPを獲得することができましたが、同じ頻度で全国を回っていると恐らく100,000PP(ダイアモンドステータス)も夢じゃなさそうです。

【結論】

 そもそも担当業務に携われるかが運、選ばれると費用をほとんどかけずに修業可能

ストイックに修行される方

 このカテゴリーに分類される方は、費用を極限まで削りPP単価を高めるという方々だと思います。

  OKAタッチやSINタッチ、国内三角飛びなどを駆使して低PP単価のルートを探すことが必要です。修業ルートのご紹介は後ほど。

【結論】

 ルートを調べる事および、低PP単価航空券は競争率が高いので航空券獲得難易度は高いが、うまく獲得できれば低コストで解脱可能

旅行を楽しみながら修行する方

 このカテゴリーに分類される方は、修業ではないと思います。通常の旅行を楽しみながら気がつけばPPがたまっているという幸運な方かもしれません。

 ただ、アジア以外はPP(プレミアムポイント)がためにくいのでかなりの回数の旅行に行く必要があると思います。

f:id:momo-rock:20171113224448p:plain

【結論】

飛行機に搭乗することを楽しむというより、普段と違うところに行くことで楽しみを見出す代わりに費用が非常にかかります。そのため50,000PP(プレミアムポイント)を稼ぐには一部を出張もしくはストイックな修業を行う必要があると思います。

SFC修業ルート

OKAタッチ(羽田⇔那覇)

 SFC修行の王道で、OKAタッチが多くのSFC修行僧に選ばれる理由は、1日で2往復可能な点と休日に決行できるという点があります。そのため、効率の良いプレミアムエコノミーの正規割引運賃は土日祝日はまず予約できません。

  • メリット
    1日で2往復可能。PP単価が良い
  • デメリット
    プレミアムエコノミーはまず取れないので、エコノミーで17往復を覚悟する必要がある。

国内三角飛び(羽田→新千歳→那覇→羽田)

 OKAタッチと並び人気のある修行ルートです。このルートの大事なところは新千歳⇔那覇の国内最長路線があるというところです。何と1フライトでプレミアムエコノミーだと3,892PPも獲得できます。ただしこの路線1日に1便しかないので例によってプレミアムエコノミーは予約できない可能性が高いです・・・

 また、ビジネス路線である羽田⇔新千歳があるので正規割引運賃で工程を組まないとPP単価が劇的に悪くなりますので注意が必要です。

  • メリット
    OKAタッチよりも競争率は低い
  • デメリット
    丸一日かかる

SINタッチ

 シンガポールと羽田空港を結ぶ修行ルートです。このルートはANAの直行便で往復するプランと格安でビジネスクラスに登場できるチャイナエアライン(北京経由)があります。どちらのルートでも約12,000PPを獲得できます。ただし、このルートは必ず2日はかかりますので、土日まるまる潰れる覚悟が必要です。

  • メリット
    PP単価が非常に良い(PP単価8.0以上も可能)
  • デメリット
    2日かかり体への負担が大きい

まとめ

 本日は、SFC会員になるのに必要なPP(プレミアムポイント)と修業スタイルによる違いと私が実際に利用した修業ルート(一般的であまり参考にならないかもしれません・・・)のご紹介でした。

 以上「2017年SFC修行解脱者が2018年SFC修行者におくる準備編(修業ルート)」でした。

【2018年修業僧に送る準備編】

2017年SFC修行解脱者が2018年SFC修行者におくる準備編(お金)

2017年SFC修行解脱者が2018年SFC修行者におくる準備編(家族理解)

SFC修業の関連記事

www.nomileage-nolife.com

www.nomileage-nolife.com

www.nomileage-nolife.com

www.nomileage-nolife.com

www.nomileage-nolife.com

www.nomileage-nolife.com

www.nomileage-nolife.com