ノーマイレージ・ノーライフ

旅行好きの30代サラリーマン。ポイントサイトや投資を駆使してマイルをためています。そんなお得な情報を発信していきます。

iPhone6からの機種変更先をiPhone8ではなくiPhone7にした5個の理由

f:id:momo-rock:20171105143545j:plain

 iPhone6を購入して約3年、まだ動作はついていけていますがもうiOS11になってからバッテリーの減りが早くなり1日でほとんど操作していないのに100%⇒40%になるくらい電池が消耗してきていました。そんな状況なので、通勤途中に使用すると1日持たない状況です。

 iPhone8が発表されてから、毎日iPhone関係のブログに張り付いてあーでもないこーでもないと悩み続けてはや2ヶ月ようやく決心してiPhone7を購入しました!

 本日は、私が先日発表されたiPhoneX(テン)でもiPhone8でもなく1世代前のiPhone7を購入するに至った理由についてご紹介します。

私のスマートフォンに求める性能

 今使用しているのは2014年9月に販売されたiPhone6なので、現在販売されている殆どのスマートフォンの方が性能が良いので、どの機種に機種変更をしてもスペックダウンすることはありません。

 とわいえandroidも含めると2万円〜10万円以上と価格にかなりの差があります。先日キャリアからiPhone8の販売価格の発表があった時にiPhoneだけは性能と価格(2年総額)をまとめたので、引用します。

iPhoneの世代毎の性能比較

 私の使用しているiPhone6ですが、比較表の一番右にあります。この比較表を見ていただくと一目瞭然ですが。

 iPhone6までとiPhone7以降でカメラの性能が一段階アップしています。こうして比較してみると3年の月日でここまで性能がアップしていることにびっくりします。

 ノートPCもCPUの性能は上がっていますが、スマートフォンほどの変化は無いので、以下に企業がスマートフォンの開発に資金を投入しているかがうかがい知れます。

f:id:momo-rock:20170917011343p:plain

iphone性能比較

iPhone8と7の価格比較

 続いて、iPhone7と8の価格差ですが、各キャリア毎に若干の差はあるものの(何故かdocomoだけ高いです)月1,000円程度の差でした。

 mineoを比較対象として出しているのは、私が今利用しているキャリアがmineoだからです。ずば抜けてやすいですね(笑)

mineoでは11/9までamazonギフト券2,000円分プレゼントキャンペーン開催中>>>倍増!紹介キャンペーン|mineo(マイネオ)

mineoのメリット・デメリットをまとめた記事こちら>>>【大盤振る舞いキャンペーン中】格安simの顧客総合満足度No.1のmineo(マイネオ)に加入しませんか?

f:id:momo-rock:20170917093517p:plain

iPhone7/8価格比較(2017年9月時点)

私のスマートフォンに求める性能

 まず、androidは選択肢にありません。理由は、会社の携帯がiPhoneであることと家族のスマートフォンがiPhoneなのでandroidを使うと色々面倒だということです。

  そのため私のスマートフォンに求める性能はiPhoneにある機能です。

  • カメラ機能
  • 手に持てるサイズ
  • 軽い
  • 電池持ち

 詳細は、「iPhoneを購入する際にはキャリア販売価格のマジックに気をつけて」でご紹介しています。

私がiPhone7の購入を決めた5個の理由

 9月にiPhone8が発表された時に整理した私の求める性能はiPhoneX(テン)が出ても変化ありませんでした。

 私が今回iPhone8ではなくiPhone7の購入を決めた理由は5個あります。

  1. 価格
     iPhone8とiPhone7の価格差は約18,000円〜24,000円程度。つまり月々に治すと800円〜1,000円程度です。たった1,000円程度ですが、通信費はここ数年どんどん高くなっていて、私達夫婦の家計に占める割合が上昇傾向です。
     確かに新しいスマートフォンは欲しいと思いましたが、月々1,000円を余計に出してまでほしい性能がなかったという結論です。
  2. カメラの性能
     先程ご紹介した性能比較でも、カメラの画素数・F値に両者の差はありませんが、カメラ内部にあるセンサーの性能差はあるので、同じ写真を撮影したときにiPhone8の方がよりきれいに写真が撮影できると思います。
     しかし、iPhone6の写真をPCで見たり、現像しても写真が粗いといったことはなく、少なくても私の目にはiPhone6の写真でもなんら問題がないと思いました。つまり、iPhone7でも8でも大した問題ではないということです。
  3. 重さ
     iPhone8は148g、iPhone7は138gです。わずか10gですがiPhone7の方が軽いのでiPhone7の方が良いと思いました。
  4. 画質
     iphone8はTrueToneという機能で、環境光に合わせて画面の明るさを調整する機能があり、これはiPhone7にはない機能です。
     ただ、私はiPhoneの液晶を大体30%位で普段使用しているので、TrueToneは使いこなせないと思います。
  5. 容量
     これは、人によって差がでる部分だと思います。この容量を使うのは主に写真・ビデオが大半です。私は写真とビデオはすぐにGooglePhotoにバックアップをとって端末からは削除してしまうので、現在でも利用容量は20GBしか使っていません。GooglePhotoのメリットは「SFC修行や旅行の写真整理をする最適な方法」でご紹介しています。
     ちなみにiPhone8は最低でも64GB(iPhone7は32GB)もあります。容量が大きいのは良いことなのですが使わない容量のためにわざわざiPhone8を選ぶ必要はないと思います。

iPhone6からiPhone7への機種変更時にする作業

 iPhoneからiPhoneへのデータ移行は簡単です。以下に簡単ではありますがフローでご紹介します。

  1. icloudにバックアップを作る
    写真とLINEのバックアップを取ると無料の5GBだと保存しきれないので、もしそれもバックアップを取る場合は50GB(月額130円)の契約を1ヶ月だけすると良いと思います。
  2. LINEのトークバックアップを取る
    LINEのトーク履歴のバックアップをとります。
    このサイトが詳しくまとめてあり、参考になりました。

    【iPhone】LINEのトーク履歴をiCloudバックアップして引き継ぎ・復元する方法【PC不要】 | アプリオ

  3. Google2要素認証をオフにする
    これはオフにしなくても移行は可能ですが、移行するときだけオフにするのが一番簡単だと思います。
  4. 新しいiPhoneの設定をする
    この時に「icloudから復元」を選択するとホーム画面に移行後1で取ったバックアップからデータが自動でダウンロードされます。
    概ね30分程度で通常の使用が可能になります。IDとパスワードは自動で移行されているアプリが多いですが、いくつかのサービスは手で入力する必要があるので、ご注意ください。

まとめ

 昨日、ApplestoreでiPhone7を購入してきたのですが、iPhoneX(テン)の人気はすごいですね。購入するだけで1時間位並びました(笑)また、あれだけ在庫がないと言われていたのですが、普通に店頭でも購入可能なようでした。

 並んでいる時にこれだけiPhone7に決めた!と意気込んでいたのですが、直前にやっぱりX(テン)っていいなとか8にしようかと悩ませるAppleがにくいです(笑)

 移行して1日経ちましたが、TouchIDがiPhone6からiPhone7に移行して性能が大幅アップしていました。iPhone6だと中々認証しませんでしたが、iPhone7は一瞬で認証します。思わぬメリットがあって大満足です。以上「iPhone6からの機種変更先をiPhone8ではなくiPhone7にした5個の理由」でした。