ノーマイレージ・ノーライフ

旅行好きの30代サラリーマン。ポイントサイトや投資を駆使してマイルをためています。そんなお得な情報を発信していきます。

バリ島に旅行するときにおすすめの移動手段

バリ島の交通事情

 バリ島は日本と違い、地下鉄や鉄道がありません。しかし広さは千葉県くらい(実際に観光するエリアはその半分くらい)あります。

 そんなに広いバリ島一体何で移動するのでしょうか?

  1. ツアーのバスを利用する
     行きたい場所が有名な観光スポット(ライステラス・タナロット寺院等)であれば、観光ツアーのバスがあることがあります。
     全てガイドさんがついているので、そのエリアの説明が聞けたり食事を悩んだりすることはないと思います。その分自由に動けず決められたタイムスケジュールで行動する必要はありますが・・・
     個人的には、自分で考えたことろに工夫しながら行くのも旅行の楽しみだと思っているので、使うことはなかったです。
  2. タクシー
     ウブド以外のエリアであればタクシーが最も安価に最短時間で移動ができると思います。
     ※ウブドについては後ほどご紹介します。
     バリのタクシーで一番有名なのが青い色の社内のBali Taxiです。車体に青い鳥がプリントされているのでわかりやすいと思います。
     私が今回乗車した区画だと、
     ・ヌサドゥア→ジンバラン 1,000円程度
     ・ジンバラン→DFS 1,000円程度
     でした。料金はメーター式で明朗会計です。
     日本のタクシーに比べて非常に安いです。タクシーの運転手は英語が話せる人も多いようですが、話せない方もいるようなので地図にマークするなどアナログな方法も取れるように準備しておいたほうが良いと思います。
     しかし、深夜に乗るとメーターを回さず価格交渉をしてくる運転手もいますので、メーターの使用を強く依頼するか、1,000円(Rp.120,000)で交渉すると損はしないと思います。
    <ウブドエリア>
     ウブドはタクシーの事情がちょっと南部と異なります。南部でよく見たBali Taxiは見なくなり、その代わり白タク(個人タクシー)があります。
     この個人タクシーはメーターはありません。全て交渉となりますので、ご注意ください。最初は5,000円とかぼったくりありえない値段で話してきますので、決して言い値で乗らないようにしてください。実際私がライステラス(tegalalang)に行ったときはRp.150,000(約1,200円)くらいでした。交渉の参考にしてください。
     ウブドには、このような市場(価格交渉を楽しんでください)や


     目の前に広がるライステラスを楽しむことができますので、是非行ってみてください。

  3. カーチャーター
     これは短距離ではなく、ウブドやタナロット寺院などの遠方や複数の観光スポットに連続で行くときなどに利用するとお得です。
     観光している間に逃げないかと不安に思う気持ちはありますが、主にホテルや旅行会社から斡旋してもらうので、逃げることはありません。安心して観光を楽しんでください。
     私が、今回の旅行で使用したのはホテルで手配してもらったのでRp.1,000,000(約8,000円)で8時間のレンタルでした、もっと長い時間を希望されるかたは12時間もあるようです。
    ※帰国して調べたら旅行会社に依頼すると6,000円前後であったようです・・・
  4. 路線バス
     短期間の旅行になりがちな日本人(私もです)にはあまりおすすめできませんが、路線バスもあります。
    バリ島唯一の公共交通機関であるKURA-KURA BUS。運行しているエリアは、中心地である「Duty Free Shop」を中心に東西南北7エリア運行しています。
    ・ジンバラン(1日7本)
    ・ヌサドゥア(1日7本)
    ・クタ(1日43本)
    ・レギャン(1日25本)
    ・スミニャック(1日2本)
    ・サヌール(1日2本)
    ・ウブド(1日8本)

    f:id:momo-rock:20170909161750p:plain

    http://ja.kura2bus.com/page/bus_linesから引用
     主要な観光どころは抑えられていますが、クタとレギャン以外は本数も少なくちょっと不便かもしれません。

まとめ

 短距離はタクシー、長距離・複数箇所に行く場合はカーチャーターがおすすめです。ちなみに日本の女性がバリでしたいことで上位に来るスパですが、これはホテルや主要観光地まで場所の指定をすれば、送迎してくれますので移動手段は気にする必要はありません。