ノーマイレージ・ノーライフ

旅行好きの30代サラリーマン。ポイントサイトや投資を駆使してマイルをためています。そんなお得な情報を発信していきます。

私がブログ用にChromeBook Filp C100PAを購入した3つの理由

 実は今年に入ってこのブログを開設したときからずっと悩んでいて、Amazonの買い物カートにずっと入ったままになっていたASUSのChromeBook Filp C100PAをついにポチッとしてしまいました。

 我が家には妻と共用のmacbook Proがあり、特に見られて困るようなものは無いので、かれこれ5年ほどずっと共用のノートPCを使用してきました。

 しかし、今年に入ってブログを始めてから状況がやや変わってきました。妻がmacbookを使用しているとブログの更新等ができないのです・・・

 とはいっても、勢いで開設したブログいつまでやり続けるかも分からないので、ノートPCを買っても無駄になるかもと思いつつ、この半年くらいを過ごしてきました。

やっぱり自分専用(ブログ更新用)のノートPCをが欲しい

 ブログを開設してから7ヶ月経ちはてなブログの有料プランProを申し込み、独自ドメインも取得してこのブログをずっと続けようと思ったことをきっかけに自分専用のノートPCをを再度探し始めました。

 正直、ブログ専用に近いのでmacbookのような高スペックなPCは不要です。スタバでドヤっていうのもあまり興味がないので、分相応なスペックのものを検討しました。

私がノートパソコンに求める機能

 さて、私が購入したいノートPCに求めるものは何だったでしょうか?

  1. 価格は出せて30,000円前後まで
  2. 無理なく文字を打てる
  3. 写真のアップロードができる
  4. 軽い(1kg以下)
  5. 動画編集は不要
  6. PCでゲームはしない
  7. TVも不要

 仕事用ではないので、macbookやLet's Noteなどの高スペックPCでは不要だということがわかりました。そういったなか最終的に私が検討したのは以下の2つのノートPC(どちらもASUS)でした。

f:id:momo-rock:20170907173944p:plain

 本当はもっとたくさんの中から検討したかったのですが、30,000円前後という縛りの中では正直この2種類しか選択肢がありませんでした。

 この検討をするまでChromebookという存在すら知らなかった私が、何故windowsではなくChromebookを選んだかを次の章でご紹介します。

Chromebookって一体何?windows?mac?

 Chromebookはwindowsでもmacでもないgoogle製の第3のOSを積んでいます。基本的にPCで処理をするのではなく、chromeブラウザで様々な処理を行うため、ノートPCのスペック(CPU・メモリ等)に依存しないため、安価で高性能なノートPCだそうです。実は、Chromebookはアメリカでは教育機関を中心にかなり売れている端末だそうです。

 しかし、日本は企業も個人もwindows大好きな国なため家電量販店に行ってもChromebookなんてほぼおいてありません。店員さんに聞いてもほとんどの方が知らないような端末です。

Chromebookに対する不安

 そう言った中、Chromebook何て聞いたことも無いものに、30,000円も出すのは非常に不安でした。私が悩んだのは以下の3点です。

  1. ChromeOSなんて聞いたこと無い
    →Googlechromeのブラウザで処理をするらしい=問題なさそうだ
  2. 保存領域が16GBしかない
    →写真はGooglePhotoがあるし、そもそもブログにしか使わないので問題ない。
  3. メモリ2GBは不安
    →並行輸入品は4GBモデルがある(ただしUSキーボード)

 あれ?大丈夫そうだ・・・普段からブラウザのGooglechromeを使っていてGoogleのサービスにどっぷりな私は、意外と障壁が低かったようです。この時点でChromebookって良いものなのではないかと思い始めました。ちなみにこの時点で、windowsのノートPCで30,000円前後のものはメモリが2GBしかなく、おそらく様々な処理で遅延を引き起こす可能性が高いと思いこの時点で価格面以外windowsを選ぶという選択肢にありませんでした。

Chromebook Flip C100PA(並行輸入版)を選んだ3つの理由

 日本で購入できるChromebookはそう多くなく、AcerかDellかASUSかという位chromebookの選択肢が少ない状況でした。(SAMSUNGもありますが、値段が高いので除外)

  1. 重さが890gと最軽量
    →やっぱり軽いのは正義です。
  2. 起動が早い
    →数秒で電源OFFから電源ONになるそうです。
  3. データはすべてオンライン(GoogleDriveに保存)
    →万が一壊れても安心

  やっぱり、会社のカバンやプライベートに持って行きやすく、ブログを書きたいときにすぐ起動できるのは重要なポイントでした。

 持ち運びしやすいノートPCだと落としたりして壊す可能性があるので、データがクラウドにあるのは非常にありがたいです。

まとめ

 Chromebookに徐々に惹かれていった私ですが、最後の最後まで価格が安いwindows端末と悩みました。

 最後の決め手は、Choromebookがandroidのアプリに対応し始めているというところです。安い・早い・軽いだけならず、まだ伸びしろがあるChromebookもしかしたら、将来的にwindowsやmacを超えるすごい機種になるのではないでしょうか?