ノーマイレージ・ノーライフ

旅行好きの30代サラリーマン。ポイントサイトや投資を駆使してマイルをためています。そんなお得な情報を発信していきます。

ANA国際線航空券の国内線区画のマイル積算率が改悪!?SFC修行僧に影響あるかも?

現在のSFC修行僧のトレンド

1.OKAタッチ

 羽田(成田)→那覇→羽田という都内から最長路線でPPを一気に稼ぐ人気路線です。私も今年のSFC修行で何度も訪れました(笑)

 ・旅割75等のエコノミークラスだと往復で2,952PP獲得できます。

f:id:momo-rock:20170813174748p:plain

出典元:https://cam.ana.co.jp/amcmember/ppsja

※画像は片道のPPです。

 ・プレ旅割28等のプレミアムクラスだと往復で5,720PP獲得できます。

f:id:momo-rock:20170813174803p:plain

出典元:https://cam.ana.co.jp/amcmember/ppsja

※画像は片道のPPです。

と日帰りで大量のマイルが獲得できます。

2.SINタッチ

 こちらは基本は羽田→シンガポール→羽田となりますが、こちらは最短旅程でも0泊2日の時間が必要となります。

 私はANAを使用せずチャイナエアラインを利用して現地で約20時間観光するゆったりプランを実施しましたが、本当にとんぼ返りする方は現地6時間滞在とかも可能です。
 このプランも費用に対して得られるPPが多いため人気路線です。

 ・プレミアムエコノミーを利用して往復で10,736PPも獲得できます。

f:id:momo-rock:20170813174515p:plain

出典元:https://cam.ana.co.jp/amcmember/ppsja

 ※画像は片道のPPです。

3.SYDタッチ

 シンガポールよりもさらに遠いシドニー往復を行う修行です。

 ・プレミアムエコノミーを利用して往復で15,388PPも獲得できます。

f:id:momo-rock:20170813174533p:plain

出典元:https://cam.ana.co.jp/amcmember/ppsja

※画像は片道のPPです。

国際線航空券に国内線区画の追加とは?

 現在のSFC修行僧のトレンドである「SINタッチ」「SYDタッチ」を沖縄発着にすることで安価で沖縄⇔羽田間のPPを追加できるプランです。

1.SINタッチ+沖縄発着

 獲得できるPPは10,736PP+3,936PP=14,672PP(PP単価は7.5前後になると思います。)

これに羽田⇔沖縄の単純往復のPP(2,952PP〜5,720PP)がつきます。

2.SYDタッチ+沖縄発着

 獲得できるPPは15,388PP+3,936PP=19,324PP(PP単価は8.0前後になると思います。)

 これに羽田⇔沖縄の単純往復のPP(2,952PP〜5,720PP)がつきます。

国際線航空券の国内線区画のマイル積算率が改悪?

 今まではプレミアムエコノミーに付帯する国内線区画は利用運賃に関わらず積算率100%で付与されていましたが、2018年10月1日搭乗分から改悪されるようです。(詳細は下図)

f:id:momo-rock:20170813181351p:plain

出典元:https://www.ana.co.jp/amcservice/pps/dom_unchin_list.html

SFC修行僧には影響なしかも? 

 ブッキングクラスによって付与されるPPが変わるようですが、詳細は2017年9月28日以降に「ANAフライトマイル・プレミアムポイントシュミレーション」で計算できるようです。

 ANAのサイトで検索する限り、プレミアムエコノミーで那覇→羽田→シンガポールの往復を検索すると予約クラスが「Y」とでるので問題なさそうな気がします。いずれにしても9月28日に確認する必要があると思われます。