ノーマイレージ・ノーライフ

旅行好きの30代サラリーマン。ポイントサイトや投資を駆使してマイルをためています。そんなお得な情報を発信していきます。

5年以上放置している保険は見直しの検討を!

陸マイラーの方々のポイントサイト活用は何をされているでしょうか?

 ・FX

 ・クレジットカード

 この2つの案件が報酬も高く、お手軽なため人気があると思います。私も面倒なことは嫌いなので、メインは上記の2つの案件をこなしています。

 ポイントサイトの案件でもう1つ10,000円以上の報酬がある案件があります。それは「保険相談」です。

保険相談って?

 保険相談は、各ポイントサイトのページから保険相談の申込をして、実際に面談して1ヶ月〜2ヶ月後にポイントが付与されます。

 ただ、「FX」や「クレジットカード」と違い時間が2時間〜+移動時間がかかるので概ね3時間程度とられてしまいます。

 FXやクレジットカードが効率が良すぎるだけで、保険相談も報酬が10,000円のものを選ぶと時給換算で約3,300円の高報酬案件ですよね?FXやクレジットカードの発行と違い保険は私達の生活を防衛するための商品でもあるので、ポイント目当てではなく複数の案件をこなしながら保険の知識をつけ、万が一に備えた人生プランを考える必要があるのではないでしょうか?

 私は、実際に保険の相談を複数件実施して保険の見直しに成功しました。

私が見直しに成功した医療保険について

 私は5年ほど前に独身時代に加入した医療保険「オリックス生命のCURE」に加入しています。保険には種類がいくつかありますが、今回見直しに成功した医療保険に絞って体験談をまとめます。

 医療保険は文字どおり、医療機関にかかった時(主に入院)に一定の金額が支払われるのをベースとし、特約でがん告知一時金や先進医療等がついてくるのが一般的な医療保険の製品です。

 私が「オリックス生命のCURE」に加入した当時はあまり何も考えずにインターネットの評判だけをみて以下のプランで契約をしました。

  • 入院時  1日あたり5,000円(最大60日)※7大疾病時は120日まで
  • 手術   10万円
  • 先進医療 1,000万円まで
  • 支払い  年払い約25,000円(60歳まで支払い終身保険)

 今回相談に行って、いくつか問題点のアドバイスがありました。

社会保険に加入していれば十分?

 私を含め、企業に務めているサラリーマンには社会保険があります。風邪を引いたときに病院に行ったときの支払い時に適用されますが、被保険人はかかった医療にの3割の負担で良くなっています。仮に1,000円の支払いがあった場合、病院は3,300円位の医療行為を行っていますので、2,300円もお得になっています。

 そういった身近な社会保険の効果以外にも「高額療養給付金制度」というものがあり、収入によって差がありますが、一定以上の負担にならないようにという制度です。

高額医療給付金制度

f:id:momo-rock:20170719002234p:plain

 上記の内容については保険が適用される医療行為であれば、例外なく適用されます。年収が600万円位の方だと➂区分ウに該当するので月ごとの医療費の上限は80,100円+α程度に収まります。しかし、1年間ずっとかかり続けた場合約100万円の負担になるのかというとそういう訳ではありません。

 表の右に多数該当というものがあると思います。これは直近1年間に3回以上この制度を受けている方については4回目からはこの列の金額が適用されます。そのため、万が一1年間ずっと入院されていても費用は約60万円程度の負担となります。

 ちなみにあらゆる保険の中で社会保険に勝る保険はないと保険の面談のFPの方がおっしゃっていましたし、私自身もそう思います。

高額医療給付金制度の例外

 こんな素晴らしい制度である高額医療給付金制度ですが、適用されない支払いがあります。それは病室で個室を選択した場合の差額ベッド代(あくまでも本人が希望した場合で、病院が症状を鑑み個室にした場合は除きます)や毎日の病院食は上記の金額に含まれません。そういった例外を除けば抗がん剤治療の医療費等にも適用されるので、社会保険は非常にすぐれた制度だとお分かりいただけると思います。

私が医療保険に加入した理由

 私は一般企業に務めるサラリーマンなので社会保険を利用可能です。それなのに何故医療保険に加入たのでしょうか?

先進医療特約という安心

 一番大きな理由は、この先進医療特約です。本当はこれだけの商品があればベストなのですが、残念ながら医療保険に対する特約しかないのが現状です。

 先進医療とは、「大学病院や研究機関で効果があることは確認しているが保険を適用するかは検討中の技術」を指しています。保険を適用するかは検討中なのでいつかは保険が適用されたりそもそもの金額が減額される可能性があります。

 なぜ私がそこまで先進医療特約にこだわっているかというと医療保険にわずか100円〜200円程度余分に毎月支払うことで先進医療にかかった費用を1,000万円〜2,000万円までカバーできるというところです。先程いつかは保険が適用されたり・・・と述べましたが、技術は年々進歩しますのでより後遺症の少ない医療技術が必ず生まれます。そういった技術はまた先進医療に該当し高額になるのではないでしょうか?自分の命や家族の命に関わること、お金が理由で諦めきれますか?月々わずか100円〜200円でその安心が買えると思うと安いと思います。

保険を見直した私が選んだ保険

 私が選択したのは「オリックス生命のCURE」の最新の商品です。変わってないだと!という声が聞こえてきそうですが・・・どこが変わったかというと以下の点が変わっております。

 先進医療特約の増額

 私が加入していた保険だと先進医療で給付される保険金の上限は1,000万円まででしたが、今回加入した新しい「オリックス生命のCURE」は上限2,000万円までに増額されています。

入院保障額の減額 

 私が医療保険に加入した理由の最大の理由は先進医療特約であり入院保障ではありません。私が以前医療保険にインターネットで加入した時には日額5,000円か10,000円の2択でした。今回も、インターネットだと同様に日額5,000円か10,000円しかありませんでしたが、保険相談の窓口で相談した結果日額3,000円のプランがありましたので、それを選択しました。

 最近の医療の傾向として技術の進歩の影響が大きいと思いますが、入院日数が減少傾向にあります。また、長期入院になるケースは三大疾病(心臓病・がん・脳卒中)な事が多いため、それに特化した保険に入った方が効果的だという判断です。

私の医療保険の見直しの結果

 私のケースでは年間約25,000円かかっていた医療保険が、結果的には22,000円程度にコストカットに成功しています。

 保険の商品も日進月歩で進歩しています。貯蓄型の保険は解約すると元本割れの可能性もあるのでお勧めできませんが、私の今回見直した医療保険等については定期的に見直し(=解約の可能性もある)をライフステージの変化に合わせて検討してみてはいかがでしょうか?

 結構手間がかかる保険相談ですが、私は自分の知らなかった事等を教えてもらえそれも踏まえて今後の人生を考えられたの素晴らしい案件だと思います。

 長文にもかかわらず最後までお読みいただきありがとうございました。